柏市 人工芝と目隠しフェンスで、手つかずだった庭をお子様も遊べるプライベートスペースにリニューアル

柏市で、お庭リフォームのご相談のお問合せを頂きました。

新築後年数が経過して庭の除草などの管理が大変になってきたため、お子様も庭で遊べる年頃になってきた事を期に、お庭を綺麗にしたいとの事でした。
最初にお問い合わせ頂いた際は、テラス屋根やサイクルポート等の構想もお持ちでしたが、予算もあることからお打ち合わせして工事の優先順位をつけていただき、今回は道路からの目隠しと人工芝に決まりました。


ご要望 ‐さな子供が遊べるスペースがあり、かつメンテナンスの楽な庭にしたい。
▲螢咼鵐袷阿離謄薀垢暴个襪汎始からの視線が気になる。
ご要望に対して
行ったこと
/郵芝をご提案しました。
背の高い目隠しフェンスをご提案、複数ある中から、現場の敷地に合わせて自由にプランニングできるセミオーダーメイド製品を採用しました。
工夫した点
極力メンテナンスを軽減できるよう、耐用年数のある防草シートを採用しました。
人工芝は水道周り・管周りの形状に合わせ、丁寧にカットし仕上げました。
フェンス施工は、板材の隙間(間隔)が狂わないように慎重に作業しました。
施工前の状況です。
建物の築年数が経過して、気づくと雑草が伸び放題。お忙しい日々の中、その度に除草をするのは大変です。
植木も荒れ放題となってしまっていたため整理して、お子様が遊べ、メンテナンスな楽なお庭にリフォームしていきます。


Before|After


施工前、境界沿いは目隠しに木が植えてありましたが、枝葉が茂ってしまい圧迫感が出て庭が狭く感じました。
植木は玄関横の落葉樹のみ残し、既存のアルミフェンスも一部を撤去して、新しく目隠しフェンスを取付ました。
フェンスは環境にやさしい人工木材「マイティウッド」。自然木材と違って腐食や色褪せに強く、メンテナンスが容易です。


境界の目隠しフェンスは複雑な敷地形状に合わせずに、あえて直線的なプランにした事ですっきりとした統一美が感じられます。


フェンスはセミオーダーメイド製品のため、好みの板材の隙間(間隔)にすることができます。
今回は施主様が板材の間隔を決められました。
上部の方は1cmですが、下部の方に行くと2cmとなります。
上部は適度に視線をカットし、下部になるにつれて隙間を広げて風が抜けるようにし、アクセントもつけたい、との意図です。


Before|After


施工前もこまめに除草管理はされていましたが、土の面が多かったためにすぐに生えてしまいました。
下地に防草シートを組み合わせて人工芝を敷く事で、防草対策にもなります。
また、水道周りや点検口などの管周りは複雑な形状していますが、丁寧に人工芝をくり抜くことで綺麗な仕上がりになりました。

今後、境界際に植栽をされたいとのことで、フェンスの下部(足元)のみ人工芝を張らず、横板も広めに開けています。このように、施主様ご考案のプランにも可能な限り対応していきます。


ホコリや泥はねも無い人工芝のスペースは、お子様も安心して遊ぶことができます。庭の除草の手間もぐんと減りました。


往来する人の視線をフェンスが適度に遮り、風も通るプライベートなスペースが完成しました。
外の風がさわやかな季節には、テラスに椅子とテーブルを出して、一休みしながらお子様と過ごすのも良さそうですね。


〜施行中の様子〜
既存のフェンス、植木などを撤去します 既存のフェンスの足をカットします 新しいフェンスの基礎を入れていきます 柱を建て、横板を取り付けていきます 防草シートを敷き込みます
人工芝を敷いていきます
既存のフェンス、植木などを撤去します

↓庭造りの様子を撮影した動画をアップしました!↓


主な使用建材 人工芝+防草シート
F&F 目隠しフェンス「マイティウッド」(横板貼り)