このページのトップへ
2月 2015年 の記事

[02/10] 流山市 雑草対策 2種類の砂利を使用したデザイン (防草シート+砂利)

投稿者:yamada



建物まわりの雑草対策及び泥はね体策を施す為、砂利を敷き込みました。
また、砂利の種類を2種類に分けて、デザインを取り入れました。
施工においては、砂利下に防草シートを敷き、雑草が生えないように体策を施します。


IMGP3089

防草シートをロールのまま広げます。
IMGP3090
ピンで固定していきます。
建物・ブロックまわりは、余裕をみて、カットしていきます。
IMGP3091


雨水マス・雨水管等は、丁寧にカットします。
IMGP3092
防草シートの切り継ぎは、重ね代をつけて、雑草が生えないように処理をします。
IMGP3094
プラスチックの見切りを設けて、曲線の形を描きます。

IMGP3099
建物脇通路
6号砕石を敷き込みました。
IMGP3101
こちらも、同様に敷き込みました。
色が白系で、外壁と同じく、明るさを取り込みます。
また、雨天時の水たまりの軽減や泥はねも無くなります。
IMGP3110

砂利の見切り材を使用し、曲線のアプローチのような、デザイン。
あまり、例の少ないかたちです。
IMGP3114


左右均等になるように、見切り材を使用して曲線を描きます。
IMGP3115


白とイエローのコントラスト

» 続きを読む

[02/10] 流山市 樹木移植・アオダモ他植栽

投稿者:yamada



ご新築工事にあたり、既存に植えられていた樹木を残したいとご要望を請け、施工させて頂きました。移植希望の樹木は、ご祖父様の代から、大切に育てられており、可能な限り残したいとご要望でした。
移植においては、作業する時期で、その後の活着が最も左右されてしまう作業です。今回は、1年の中でも最も良い3月だった事と事前調査で、植えられていた環境が良かった事、また更にお客様の強いご要望を請け、私達は使命と感じ責任をもって作業に当りました。
その他、建物の完成後、外壁をより際立たせる為、新しく樹木を植え込みました。


前

施工前の状況
建物完成後に移植した樹木を植え込みます。
IMGP3299
サルスベリ・ウメを植え込みます。
木の大きさから、植えるのには限界のスペースでした。
根鉢を崩しながら、無理のないように慎重に植え込みました。
IMGP3301
支柱掛け
移植後、風雨等で、新しく伸びた根が切断され、樹木の衰弱を防ぐ役割があります。
IMGP2078

建物工事前
既存のお庭で、大事に育てられていた樹木達。


移植した樹木(ウメ・サルスベリ)
元々、大事に育てられていた樹木達。
樹木を一時保管して、建物完成後の約1年掛かりで、同じ場所へ帰って来ました。
IMGP3308

» 続きを読む

ブログカレンダー
<   2015-02   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
有限会社 山田造園
〒270-0021
千葉県松戸市小金原2-16-1
TEL 047-341-3258 
FAX 047-342-8940