このページのトップへ
3月 2015年 の記事

[03/25] 生垣イヌマキを植栽

投稿者:yamada



集合住宅マンションの生垣を植替え致しました。
既存の樹木は、人気のあるレッドロビンですが、近年多発している、ゴマ色斑点病に侵され部分的に枯れてしまっており、生垣としての目隠し機能は果たしておりませんでした。
レッドロビンは、新芽時に葉が赤くその美しさに魅せられ人気の高い樹木ですが、一度、病気になるとその処置に手がかかります。個人宅の場合は、殺菌剤の散布や病斑の葉を小まめに清掃等が可能ですが、
集合住宅の場合は、中々、手を掛ける事が出来ず、このような状況になったと思われます。
枯れてしまっている箇所が10箇所程度あり、見栄えがとても良くありませんでしたので、病害虫に強く目隠し機能を果たす樹木で、樹木の高さも1.8m〜2m程度の樹種から選別し、イヌマキのご提案をさせて頂きました。


IMGP1120


施工前の状況
部分的に10箇所程度枯れていました。
枯れている箇所の目隠し機能は無く、見栄えも良くありません。
1
既存の樹木を伐採後に根ごと伐根します。
2
伐根後、根をしっかりと除去します。
4
既存の樹木を撤去した際には、工事が完成するまで、目隠し養生を行います。
5
植木を植栽する際に固定する、布掛け支柱を取り付けます。
6
布掛け支柱に結束しながら、植え付けます。
8

IMGP1172
IMGP1163
施工後
IMGP1164
駐輪場脇の半日陰となってしまうところでも、生育する事が出来ます。
IMGP1165
イヌマキの生垣をスリムに仕立てる事で、駐車場の後側のスペースも確保できます。
以前、ワンボックス車は、垣根の厚みがあった為に後ろのハッチが開けられませんでした。
IMGP1167
目隠し機能を果たすまで、数年はかかりますが、鮮やかな緑で、統一性があるため、見栄えもとても良くなりました。


本数260本ある為、水やり管理が大変です。
そこで、散水自動タイマーを取り付け、散水システムの導入を取入れました。
IMGP1169

[03/25] 松戸市 樹木伐採 マツの木

投稿者:yamada



市内保育所に隣接する広場の土地の返還にあたり、樹木を伐採する事になりました。
推定樹齢は、60〜70年の松の木で、樹高は、20m程ありました。
手入れの行っていない自然の松の木でしたので、風雪等の影響で、幹のところが、枝の重さでひび割れが入っており危険な状態でもありました。
作業は、人力での施工が難しかった為、道路を通行止めにし、クレーン車を用いて伐採しました。


IMGP3257



伐採の前に、下草刈りを行い、安全な足場の確保を行います。
IMGP3264

高所作業車及びクレーン車の搬入が可能である為、ワイヤーで吊るし伐採します。
IMGP3280

クレーン車の設置場所の距離で、安全に吊れる重量も異なるので、常にオペレーターと連携を図ります。

上部より細かく切断し、最後は、地上部で伐採します。
今回は、伐根もする予定ですので、少し高めにカットしました。
IMGP3282
IMGP3285

1 (1) / /
施工前
1 (2) / /
施工後
2 (1) / /
施工前
2 (2) / /
施工後
3 (1) / /
施工前
3 (2) / /
施工後

[03/05] 柏市 色とりどりの草花を植え込みました。

投稿者:yamada
庭園改修工事に伴い、季節の花、2000ポットを用いて、数箇所に花壇をつくりました。

IMGP2989

草花の色を合わせながら、形を描き、間隔が均等になるように、配置します。


ある程度、配置が決まったところで、植付けていきます。
IMGP2999
IMGP3010


メインとなるセンターの部分は、草花の色彩が際立つように、デザイン性のあるサークル花壇を設けました。
IMGP3050

施工後

テーマーパークの花壇のようになりました。
IMGP3051
施工後

東屋の四方を囲むように、色とりどりの草花がお出迎えをしてくれます。
また、安らぎを与えてくれます。
IMGP3031

[03/05] 柏市 メッシュフェンス・門扉を取り付けました。

投稿者:yamada
庭園改修工事に伴い、間仕切り効果を齎す為、メッシュフェンスと門扉を取り付けました。
IMGP2921

フェンスを立て込む為、基礎ブロックを設置します。
地盤が平らでないので、丁張り(基準)をもとに高さと、設置間隔を合わせて施工します。

ある程度、一定の高さに揃えて施工しますが、高さが合わないところは、勾配(傾斜)のフェンスを利用し、段差解消します。
IMGP2927
IMGP2951
基礎ブロックの設置後に、フェンスの柱を立込みます。
IMGP2952
こちらも、同様に曲がり段差の無いように、柱を立込みます。
IMGP2965

セメントが硬化し、安定したところで、パネルを取り付けます。
現地に合わせ、長さの切詰めがある為、コーナーから取り付けます。
IMGP2996

最後の端部まで、パネルを取り付け、長さに合わせ加工します。
IMGP3068
施工後

門扉を取り付けることで、間仕切る事が出来ます。
IMGP3060
施工後

白のフェンスを取入れた事で、全体が明るくなり、間仕切り効果が得られました。
IMGP3059

[03/05] 柏市 ダスト舗装・アスファルト舗装を施工しました。

投稿者:yamada
庭園改修工事に伴い、バーベーキューの出来る広場、園内を車椅子で散策出来る回遊式にしたいとご要望を請け、施工しました。

IMGP2926

ダスト舗装を行う場所の土の掘削を行います。
仕上がり予定地盤を決めて、ダスト4cm・下地砕石6cmの計10cm厚の土を除去します。
IMGP2931
ダスト舗装は、一般的に路床の上に敷き均しますが、地盤が軟らかい為、下地に砕石を入れて締め固めました。
IMGP2934
下地の締め固め後、ダストを敷き均し、更に転圧を行います。
IMGP2937


最後に、表層安定剤の塩カルを撒き、締め固まったら完成です。

施工後

ガーデンテーブルを置き、休憩場の完成です。
ダスト舗装は、雨後の湿っている時でも、足が汚れず休憩場には最適です。
IMGP3036
IMGP3044


施工後

アスファルトからバリヤフリーで、ご使用できます。

» 続きを読む

[03/05] 柏市 広大な敷地に人工芝を施工しました。

投稿者:yamada
庭園の改修工事に伴い、人工芝工事を行いました。
施工面積は220屬塙く、ご要望としては、芝生にしたいとの事でしたが、環境を考慮すると、日照的な問題があり、また更に、ササがはびこっていた為、芝を張付けても長く持たないことが懸念されました。
そこで、リアルに緑のターフを形成させる為、人工芝をご提案致しました。
また、雑草及びササ対策として、除草剤散布後、耐用年数のある防草シートを張った後に、施工いたしました。


IMGP2942


既存地盤を整地しローラー転圧後、防草シートを張ります。

防草シートは、2m幅で30mのロールとなっている為、横幅の重ね代を設けて、繋ぎ部は、防草テープでしっかりと固定します。
IMGP3013
IMGP3011
防草シートを張った後、人工芝を広げ、形に合うように調整します。
材料の無駄の出ないように、調整します。
IMGP3012
ある程度、形に合わせ人工芝をカットした後、専用ボンドと固定ピンを用いて固定します。

樹木の根のまわりは、木を痛めない様に、慎重に行います。

IMGP3014
IMGP3017
施工後

人工芝ですが、自然と調和し、また、明るさを齎します。
IMGP3047

テーマは、散策でしたので、アスファルト舗装の園路を回遊しながら、緑が安らぎを与えてくれます。
施工環境は、周りが自然ですので、一見、不釣合いと思われがちですが、人工芝のリアルさがより一層、自然体にしてくれます。

» 続きを読む

[03/03] 流山市 ブロック積み ジョリパット仕上げ(ゲラーデ)

投稿者:yamada



既存のジョリパット仕上げのブロック塀と合わせて延長したいとご要望を請け施工させて頂きました。
お庭を残しながらの、下地ブロック積みとなる為、十分な基礎が設けられなく、強度を齎すために、鉄筋間隔を400ピッチ・横筋は、200ピッチで取入れました。また、ベースは可能な限り広げ、差筋とならないように、
下部の横筋と結束しました。
仕上げは、ジョリパットを吹付けた後、化粧仕上げを行います。


IMGP2791
下地ブロック積み
根切り・掘削
IMGP2792
ベースコンクリート
鉄筋組後にコンクリートを流し込みます。
IMGP2793
下地ブロック積み
2段目を積み
IMGP2795
下地ブロック積み
最後の3段目です。


下地ブロックの仕上がった状況

養生期間を設けてから、下地左官を行います。
IMGP2799
IMGP2802
下地左官の前に、モルタルとブロックとの接着を良くする為、プライマーの塗布。
IMGP2803
下地ブロックの目地が目立たなくなるように、うす塗り剤で、平坦に仕上げます。
その後、養生期間を設けて、ジョリパットの吹き付けとなります。

IMGP2828
IMGP2827

新・旧と馴染むように調整します。
また、仕上がりの状態も、自然と馴染みました。

既存の状態は、オープンだったので、道路沿いに土等が流れていました。
塀を延長する事で、防げました。
IMGP2823
ブログカレンダー
<   2015-03   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
有限会社 山田造園
〒270-0021
千葉県松戸市小金原2-16-1
TEL 047-341-3258 
FAX 047-342-8940