» スタッフブログ

[07/17] 松戸市 雑草対策でコンクリート舗装・人工芝のお庭づくり

投稿者:yamada



築年数15年のお家の、造園・外構リフォーム工事をご紹介します。

芝生が植えられていたお庭は愛犬の遊び場となって荒れ、雑草が多くなり芝がなくなっていました。
建物脇の通路と敷地内のお稲荷様周りには砂利を敷いていましたが、愛犬が穴を掘ったり、雑草が蔓延り除草するときに砂利が土と混ざってしまうなど現状のお庭にお悩みがあり、ご相談頂きました。
通常、砂利敷の場合は下地に防草シートを敷設します。
このお宅の場合、愛犬が砂利を掘ってシートがむき出しになり、結果シートに穴が開く可能性がありましたので、砂利以外の舗装を選択することから考案致しました。


IMGP5993


施工前の状況です。(人工芝)

お庭の面積が広いので、草取りするのも大変です。日照条件の影響等で、芝生が所々にしか生育出来ていません。
また、雨の日の後は、泥濘で汚れてしまう状況でした。
IMGP5996

既存芝生の除去及び地盤の不陸調整

芝生を剥がした後、地盤が平らになるように均します。
お庭の仕上がり高さを設定し、それに合わせるように地盤を整えます。
IMGP6011
IMGP6012
地盤が整った後、防草シートを敷設します。 シートの切り繋ぎ部分は、重ね代を設けて専用のテープで固定します。雑草の中でも種類によっては地中に根が残り、少しの隙間から出てくる事もあるので、丁寧に下地作業を施工します。
その後、見切り材の必要ヶ所については取り付けます。


IMGP6016
IMGP6017
防草シート敷設後、人工芝を広げ、敷地の形状に合わせてカットします。人工芝の固定は、専用ボンドを塗布し専用ピンを用いて固定します。
また、人工芝には芝目がある為、向きに注意して施工します。


IMGP6022
IMGP6030
リアリティを追求した人工芝で自然に調和します。また、密度が多く高級感があり、お庭が明るくなりました。

人工芝の特徴は自然の芝生と比べ、芝刈等のメンテナンスが不要となり、下地に防草シートを組み合わせる事で、長期的に雑草のメンテナンスの軽減が図れます。
人工芝裏面には排水穴が設けられており、下地防草シートも透水性のある資材ですので、雨天時等も水溜りになりません。ご自宅のお庭等のパーソナルスペースまで安心&安全にお使い頂けます。




IMGP5993


施工前の状況です。(コンクリート舗装)

こちらもお庭同様、雨天時後はぬかるんだ状態が続き、玄関周り等を汚してしまいます。
また、最低でも草取りを年に2〜3回程度は必要となる状況でした。
IMGP5997
IMGP5998
まず、下地工事として、コンクリートの厚み+下地の砕石の厚み分の土をすき取ります。こちらの工事は、リフォーム工事ですので、重機等の搬入が出来ない為、人力作業で土の搬出を行います。
リフォーム工事全般に言えますが、既存の埋設管等を傷めないよう、予測される場所は慎重に作業を行います。


IMGP5999
IMGP6002
土のすき取り後、下地の砕石を敷き均し地盤の締固めを行います。下地を良く締め固める事で、後にコンクリートのひび割れなども防げます。
また、材木を使用して、コンクリートの木枠を敷地に合わせて作成します。ここでの作業で、コンクリート面にスリットを設けたりします。


IMGP6003
IMGP6004
下地の砕石・木枠の設置後、ワイヤーメッシュを敷き均します。
ワイヤーメッシュのサイズは規格で決められている為、施工現場に合わせてカットし、重ね代を設けて鉄線で結束します。
また、木枠とメッシュの間も、コンクリートが重鎮出来るように隙間を設けます。(鉄筋のかぶりといいます。)


IMGP6005
IMGP6039
IMGP6041
IMGP6042
コンクリート打設後、水の引き具合を見ながら、おさえに入ります。均しゴテで、高さに合わせて平らに均します。その後、また、水の引き具合を見計らいながら、仕上げの工程となります。今回は、金ゴテで均した後、刷毛目を付ける刷毛引きとしました。



IMGP6043

コンクリート打設完了と共に、立入禁止の対策も施します。
猫対策にもなります。以外に効果的です。

と言うのは、簡単に猫はネットを飛び越えられてしまうのですが、オレンジ色に警戒している見たいです。近くには寄るのですが、中に入りません。

IMGP6055
IMGP6053
コンクリート打設後、養生期間を経て木枠を外します。
コンクリートのスリット部分は、防草シートを敷設し砂利を入れて仕上げます。少しの雑草対策にもなるかと思います。
また、今回、石組周り等はコンクリートをR形状にした為、防草シートが上手く敷設出来ません。そこで、固まる土(水を掛けるだけで硬化します。)を用いて、砂利下の雑草対策を施しました。


P9290093
P9290100
仕上がり完成。
水勾配については既存の高さを殆ど変更する事が出来ない為、土間目地にスリットを細かく設けて、水溜りが出来ないようにしています。
雨水の排水については、雨水がスリット内部を通り排水できる設備を設けました。
これで降雨時に水溜まりができたり、雨水が排水できずに冠水する事を防止できます。既存の雨水マスの蓋も浸透用のものに変える対策も講じました。



P6190093h
ご要望 ・基本的に、今まで通り敷地内で愛犬が自由に遊べる生活をさせたい。
・愛犬を第一に考えつつ、お庭の見た目、建物脇の雑草対策を提案してもらいたい。
・雑草対策に砂利敷きはちょっと心配。
ご要望に対して
行ったこと
建物脇及びお稲荷様周りはコンクリート舗装に改善、愛犬対策も安心。日々のご使用にあたって快適に歩けるようになり、長期的に綺麗に保てます。
お庭については、芝の張替えやバークチップによるドックラン等の検討もありましたが、工事後すぐに荒れてしまう可能性がある為、人工芝をご提案させて頂きました。
工夫した点
お庭側の人工芝については、愛犬のいたずらや爪のひっかかりで簡単に剥がれないように、固定の際は通常よりも多めに専用ピンを打込みました。
Before|After


作業前
P6190102h
建物外構は現状でクローズとなっており、敷地内で愛犬を放し飼いにできる環境。
コンクリート舗装にする建物脇通路・お稲荷様周りは、雨が降るとぬかるんで水溜りができるなど、雨水の排水対策が必要でした。


Before|After


作業前
P6190102h
お稲荷様周りは既存の飛び石を利用してコンクリート舗装の中に取り入れ、植栽部分も石で囲って確保しています。
お庭との境は見切りにミカゲの延べ石を入れました。


20180125_1204_04_0050w268_h193
20180125_1203_53_0618w268_h201
水勾配については既存の高さを殆ど変更する事が出来ない為、土間目地にスリットを細かく設けて、水溜りが出来ないようにしています。
雨水の排水については、雨水がスリット内部を通り排水できる設備を設けました。
これで降雨時に水溜まりができたり、雨水が排水できずに冠水する事を防止できます。既存の雨水マスの蓋も浸透用のものに変える対策も講じました。


3_P9290096
コンクリート舗装の目地にはナチュラルな色のガーデン砂利を入れて見た目よくしています。


Before|After


作業前
P6190102h
緑鮮やかなお庭の人工芝。
愛犬が走り回り、穴を掘ろうとしても簡単に剥がれないように、固定ピンをたくさん打込んでいます。


P9290090
P9290088
P9290091
使い勝手が良くて管理もしやすく、ご家族も愛犬も楽しく過ごせるお庭になりました。


建材 人工芝
ガーデン砂利

[10/01] 松戸市 建物周りの雑草対策 施工方法

投稿者:yamada



松戸市でお庭の防草対策工事を承りました。

敷地面積は広く、お庭の草取りをどうにかならないかと悩まれていたお施主様。
防草対策を施し、砂利を敷き込むご提案させていただきました。
IMGP5722
施工前の状況です。

雑草が腰高まで伸びていました。
建物周りの延長も長いですが、幅も広めで、草取りするのも大変です。



IMGP5724
IMGP5726
既存地盤の草取り・不陸調整・整地
草の除去後、高い地盤については表層をすき取り、低いところには補充し、全体が平らになるように不陸調整・整地を行います。


IMGP5729
KC4D0236
防草シート工事
土工事が終了した後、下地の防草シートを敷設します。
防草シートは、極力、切り継ぎが出来ないようにロールのまま広げます。そこで、敷地の形状や配管に合わせて隙間が出来ないように丁寧にカットします。



KC4D0240
ご要望 ・草が大変。
・どうしたら良いかわからない。
・面積が広いので、建物周りだけでも何とかしたい。
・建物給排水の配管が露出しているけど大丈夫?
ご要望に対して
行ったこと
防草対策をメインとしたローメンテナンスな対策をご提案しました。
砂利下には防草シートを敷設し、長期的に綺麗に保てます。
砂利の種類はリーズナブルな商品を採用することで、ローコストになりました。
工夫した点 通常、砂利を敷き込む場合、既存の地盤を砂利厚み分すき取りますが、今回は、周りの環境(配管等が露出)を考慮し、草の除去後、整地を行い土のすき取り作業は行いませんでした。
結果、露出配管は埋設されコストも削減し、雨水桝等はレンガで縁取りし砂利で埋まらないように工夫しました。
Before|After


IMGP5717
KC4D0247
お庭より、勝手口や物置に向かう動線
地盤も平らになった事で、歩きやすく、雑草が生えません。
Before|After


IMGP5719
KC4D0237
Before|After


IMGP5720
KC4D0239
露出していた配管は、無事に埋設され、雨水桝等は、砂利で埋まらないようにレンガで縁取りしました。

工事終了後、色々作業方法はあると思いますが、建物新築以外のリフォームも現地に合わせたプラン対応も素晴らしいと、嬉しいお言葉をいただきました。
使用建材 防草シート
6号砕石

» 続きを読む

[09/05] 松戸市 お庭に花壇づくり。お花の植え替えを楽しむガーデニング。

投稿者:yamada



松戸市で承りました、花壇新設の工事です。

お施主様が新築後、家周りを砂利敷きにされて1年が経ち、「新築時はメンテナンスも楽な砂利敷きも良かったが、リビング前には何か緑があっても良いのでは。」とのご相談をいただき、花壇の提案をさせていただきました。
施工前

施工前の状況です。

リビング前との事もあり、少し寂しげです。
IMGP5800
IMGP5801
花壇ブロック
既存の砂利をすき取った後、花壇予定地の下地防草シートをくり抜きます。
その後、花壇のブロックを据え付けて行きます。
IMGP5802
IMGP5803
花壇ブロック
花壇ブロックの据付が完了した後、ブロック天端をモルタルで仕上げて行きます。一度では、仕上がりませんので、水が引いた後、再度、仕上げます。
IMGP5806
IMGP5807
植栽
ブロックの据付後、養生期間を設けて、花壇内部に黒土を補充し、埋め戻します。黒土は、養分の富んだ土ですので、お花に最適です。
埋め戻し後、草花を仮並べし、配置とバランスをみて植えつけます。


植栽完了後、ジョーロで優しく水をあげて完成となります。
IMGP5808

ご要望 〆粛敷きにしてしまったが、緑のスペースは作れるのか?
花や緑のスペースが欲しいけど、毛虫は苦手。大きくなるものも、管理が大変そう。
5╂瓩魎兇犬覆ら、自分でもガーデニングがしたい。
ご要望に対して
行ったこと
〆粛敷の場合、通常は下地に防草シートが敷設されているので、砂利を取り除き、施工範囲の部分だけ下地のシートをカットするのみで、部分施工が可能です。もちろん、施工範囲以外の場所はいためません。
⊃∈魯好據璽垢凌燭鹵罎法化粧ブロックで花壇をつくり、両サイドに植栽帯を設けました。両脇の花壇には丈夫で管理が楽な比較的コンパクトなものを選び、一年草の花壇にはマリーゴールドなど虫の忌避効果のあるものをおすすめしました。
2従僖屮蹈奪の花壇は一年草など、季節に合わせてお花の植え替えが出来ます。
工夫した点 ・お施主様が植え替えられる一年草の花壇は、管理の手間も考慮した広さにしました。
・花壇のポイントは、両サイドに植え込んだ葉色だけでも楽しめるカラーリーフと、マルチング゙に使用したバークチップです。足元にバークチップを敷きこむことで、鮮やかなカラーリーフの見栄えがより華やかになります。
砂利だけだったスペースに、色鮮やかな花壇が出来上がりました。
Before|After


花壇は広すぎず、狭すぎない奥行きです。前後二列に草花が植えられます。
花壇両サイドに設けた植栽帯は、小スペースでも彩を感じられるように明るくかわいらしく仕上げました。
花壇の左側は、刈り込みも利くオタフクナンテン、クリスマスローズ。右側は成長がゆっくりなマホニアと斑入りのヤブラン、どちらも足もとには匍匐性のコニファーを植えました。
どちらも明るい色調で、かつシックにまとめました。
色鮮やかな一年草が花壇を彩ります。
新築後、お庭のプランが決まらずお悩みのお施主様に弊社が良くご提案させていただくのが、防草シートを下に敷きこんだ砂利敷きです。
コンクリートは壊す手間や廃材の処分などが必要になりますが、防草シート+砂利の場合ですと設けたい場所だけにピンポイント施工が出来ます。

お家を新築されたら、土の面を防草シート+砂利舗装にしてまず住んでみて、ライフスタイルを確認したり四季の変化を感じたりしながら、ゆっくりとお庭のプランを練るのも良いのではないでしょうか。
使用建材 化粧ブロック : リブラート(東洋工業)

[08/17] 松戸市 お庭のリ・ガーデン(お庭のリフォーム)

投稿者:master



IMGP5454




施工前の状況です


植木が繁茂している状態で、家庭菜園・植木鉢等が混在してしまっている状況でした。
ご提案のポイントは、植木のスペース・植木鉢で育てるスペースとを分けて整理しやすく、まとまるようにご提案いたしました。







IMGP5466
IMGP5471
既存のお庭の整理
枯れてしまっている樹木を除去し、植木鉢の数を減らし、再利用できる下草などは利用するようにしました。
また、バラのアーチも木製で崩れてしまっている為、アイアンのアーチに交換いたしました。
IMGP5472
IMGP5474
植木鉢スペース
植木鉢を置くスペースはレンガを敷き、明確にしました。
通路は砂利敷き予定ですので、ガーデニング等は敷レンガの上で作業する事で、掃除も楽です。また、砂利と土が混ざる事もありません。
IMGP5484
防草シート
通路部分には、砂利を敷き込む予定ですので、下地に防草シートを敷設しました。

1 (1) /
玄関脇の通路
施工前の状況です。
1 (2) /
施工後
イエロー系のガーデン砂利で仕上げました。
明るくなりました。
2 (1) /
建物脇通路
施工前の状況です。
2 (2) /
施工後
こちらは、建物脇で目立たない為、リーズナブルの砂利を採用しました。

P4040093
Before|After


3 (1) / / / / /
3 (2) / / / / /
ご要望 ,庭側
施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、忙しい日々の中、
お時間がある時は、植木等を少しお手入れなどしてはいたのですが、
植木鉢が多くなってしまったり、花壇として使用してた場所が下草等で繁茂してしまい、
綺麗にしたくても手が付けられないのが悩みでした。

これからは、お庭でお茶などを楽しみ、安らぎの場にしたいとの強いご要望でした。

玄関前及び建物脇
気がつくと雑草が繁茂してしまう。
玄関前が見苦しい感じになってしまうので、解消したい。
ご要望に対して
行ったこと
.譽鵐花壇を設け、植栽地と砂利との境界を設けた。

また、お庭側の樹種は、あまり背の大きくならない樹木をチョイスし、季節感の感じられるよう、お花が咲く低木を植え込みました。

お庭の一部に植木鉢を置くためにレンガを敷き、すっきりとまとめました。

既存の木製アーチも崩れてしまっている為、交換しました。
交換した事で、既存のバラも綺麗に育ちます。

◆文軸愾亜
樹形の見苦しくなった樹木を撤去し、印象をすっきりさせるために砂利を敷き込みました。
玄関脇ですので、見栄えの良いガーデン砂利を使用。

(建物脇)
防草シートを敷設後、砂利を敷き込みました。(6号砕石)
建物はあまり目に触れませんので、リーズナブルな砂利を使用しました。
工夫した点 植木鉢を整理し、将来を見据えて既存の樹木も生かせる樹木は残し、不要の樹木を撤去しました。
こちらは、現場で作業を進めながら、判断しました。
P4040095
アーチを新設。
これでバラも育ちやすくなります。お花が咲くのが楽しみですね!
P4040118
P4040117
お庭は雑草対策のために防草シート+砂利仕上げに。
歩く部分には自然石調の飛び石と、コンクリート製の枕木を敷きました。
機能は同じでも、見た目の違う建材を使うことで空間が華やかになります。
P4040123
P4040121
レンガで花壇を作りました。
植栽スペースと、そうでないエリアをはっきり分けることでメンテナンスがしやすくなります。
また、かわいい水栓は既存のものを活かしました。
使えるものはとことん活用するという工夫も私たちプロにお任せください。
使用建材 レンガ : ロセコブリック(東洋工業)
敷レンガ : ヴィクブリックペイブ(東洋工業)
枕木 : レイルスリーパー(東洋工業)
アーチ : プライムアーチ オベリスク(タカショー)
舗装(玄関前&お庭) : ガーデン砂利(ピンク系)+防草シート
舗装(建物脇通路) : 6号砕石+防草シート
植栽 マホニア、ブルーベリー、オタフクナンテン、アセビ、ミツバツツジ、アオキ、イワナンテン、カシアバアジサイ、サツキ、下草

[08/17] 松戸市 池と川の流れづくり

投稿者:yamada



松戸市で承った造園工事です。
既存の石や木を再利用して、川流れと池のあるお庭にリフォームしました。

既存のお庭は、植栽地と畑としてご利用されていましたが、夏場の除草も一苦労で、少しでも軽減出来ればと池づくりのご相談を頂きました。

敷地内にはもう一つ、金魚等がいる小さめの池がありました。
金魚が増え池が手狭となったこともあり、池だけでなく水の音色も楽しめる川の流れもお庭に取り入れたい、と言うご要望でした。

IMG_0222

施工前の状況です。
お打ち合わせ時に、施主様のイメージ通り地縄を張らせて頂き、施工に反映致しました。
IMGP5660
IMGP5661
既存のお庭の樹木等を移植し、仕上がり高さの測量を行い、池の形に合わせて土の掘削を行います。池の形が出来上がって来たところで、法面が崩れないよう地盤安定材のシートを敷設しました。掘削は、池の深さ+コンクリートの厚み分で60冂度になりました。

IMGP5662
IMGP5663
池の内部はコンクリートを重鎮する予定ですので、下地の底面のみ砕石で締め固めました。続いて、川の流れの方へ作業をすすめて行きます。

IMGP5665
IMGP5666
土の掘削の作業が完了した後、防水シート下地のクッション材を敷設します。こちらは、石などで防水シートが傷ついてしまうのを防ぐ役割があります。

IMGP5669
IMGP5672
つづいて、防水シートを敷設します。切り継ぎが出来ないように池サイズより大きめのシートを準備している為、形に合わせてシートを織り込んで行きます。川の流れ部分のコーナーについても、何層にも織り込んで曲げて行きます。
防水シートを採用し、切り継ぎが無い為、漏水の心配がありません。


IMGP5687
IMGP5689
防水シートの敷設が完了した後、玉石等を池縁に据えて行きます。現地にある材料を集めながら工夫して利用していきます。石の据付は不安定な為、モルタルで固定しました。



IMGP5692
IMGP5693
玉石等の据付が完了した後、コンクリート打設部分にワイヤーメッシュを敷きます。メッシュを形にカットし、切り口が鋭利になる為、作業中に防水シートに穴が開く事が懸念されテープで養生しました。

IMGP5694
IMGP5703
工事の方もいよいよ終盤で、一度にコンクリートを打設しました。作業は大変でしたが、打ち継ぎ目の無い、池と流れになりました。

IMGP5704
IMGP5716
コンクリートの養生期間を経て、池縁周りに四ツ目垣根をつくりました。転落防止の役割もありますが、雰囲気もグッと良くなります。


Before|After


施主様の流れと池の配置イメージに合わせ、地縄を張ります。 完成した池から流れの奥を見たところです。
ご要望に添った流れのラインができあがりました。
ご要望 ・池と川の流れのある庭にしたい。
・材料は、植木も含めて、敷地内の材料を使用したい。
・池の縁には、四ツ目垣を設けて欲しい。(転落防止)
ご要望に対して
行ったこと
・お打ち合わせ時に、施主様のイメージ通り地縄を張らせて頂き、施工に反映致しました。
・材料等は、基本、敷地内の材料を選んで使わせて頂きました。
・施工については、防水シートを採用し、漏水対策を施しました。また、池のメンテナンス等の軽減の為、上部にコンクリートを流しました。
工夫した点 地盤の高さが決まっている既存のお庭に川を作るため、水が滞らず流れるように、最終地点の池から流れの上部までの勾配の設定を慎重に調整しました。
こちらのお庭は重機が施工場所に入れないため、人力での作業となりました。
そこで既存の材料をできるだけ活かし、池縁の石も庭に沢山あった小型の玉石ものを再利用しています。
既存の池をご自分で作ってしまうくらい造園に熱心なお施主様は、ご自身で描かれるプランもはっきりしていました。
庭奥から水の流れが石の段差を落ちてゆき、新しい池に入り込みます。
流れのライン取りが施主様のご希望するイメージになるよう、水勾配などを工夫しました。
池の大きさは2m×5mです。
池づくりには色々な工法がありますが、今回は、防水シートで漏水対策を施しました。
水中ポンプも大型の商品を採用し、水量調節バルブを設けた事で、水の音色も調節できました。
川の流れの長さは約12mです。
通常、水の落とし口等は滝石組等で囲ったりしますが、今回は川の上流に水瓶となる部分を設け、そこからオーバーフローした水が荒々しく川に流れ込むという造りをご提案しました。
水瓶から湧き出た水は流れになります。
川を渡る石橋です。
流れは川となり、カーブしながら池へと流れ込んでいきます。
使用建材 池用商品 : 水中ポンプ・防水シート等(グローベン)

[08/16] 松戸市 エクステリア工事 オープン外構が出来るまで〜

投稿者:yamada



IMGP5316
施工前の状況です。
ハウスメーカー様より建物お引き渡し後の着工となります。(基本的には)
施工の状況によりますが、引渡し前の作業も行う場合があります。しかし、他業者様との同時作業の場合、人の出入りもある為、基本は引き渡し後が良いです。
今回は、敷地がR形状になっている部分があり、そこに花壇(植栽地)を設ける予定です。

IMGP5403
IMGP5404
土留めブロックの施工状況
ブロックのベース(基礎)となる部分の掘削を行い、地盤を締め固めて、鉄筋を組みます。土留め目的ですので、鉄筋の間隔も40僖團奪繊淵屮蹈奪1本づつ)に入れ強度を求めます。
ブロックの施工範囲は、駐車場以外の敷地3面に設けます。


IMGP5408
IMGP5414
土留めブロックの施工状況
鉄筋を組立てた後、コンクリートを打設します。予定高さに合わせながら流し込みます。


IMGP5405


敷地形状に合わせたブロック積みです。
花壇となる予定です。
IMGP5416
IMGP5417
土留めブロックの施工状況
基礎のコンクリートが硬化した後、ブロックを1本づつ積んでいきます。1段目が積み終わったら、横に鉄筋を取り入れます。


IMGP5425


ブロック積み完了後
土の埋め戻しまでは養生期間を設けて、十分に強度をもたせます。
IMGP5425
IMGP5428
土留めブロックの施工状況
養生期間を経た後、埋め戻し作業を行います。
通常機械が入るところは締固機を用いますが、環境が狭い場合や、配管経路が無数にある場合は、人力で埋め戻しながら転圧します。


IMGP5429
IMGP5437
防草シート・砂利敷き
土の埋め戻し後、建物周りは砂利敷き予定ですので、下地に防草シートを敷設し、砂利を敷き込みます。


IMGP5445
IMGP5448
こちらは、メインの玄関アプローチ付近
駐車場と一体となったアプローチ。レンガラインを設けて明確にし、可愛らしい機能門柱と宅配ボックス・その奥にはサイクルポートです。
全体的に白を基調としている為、やさしく可愛らしく仕上がります。
また、宅配ボックスを採用し、時代に合わせたプランとなりました。


IMGP5450
IMGP5451
工事も終盤のコンクリート工事
全体にコンクリートでは無く、部分的に砂利を取り入れ、伸縮目地にはタマリュウを取り入れ緑のアクセントを付けます。
また、コンクリート作業が終わった後は、立入禁止の対策も施します。猫対策にもなります。


P2240103


作業完了
おしゃれで可愛らしく仕上がり、玄関側はオープンですけど、スペースガードで敷地を明確にしています。

ご要望 仝軸悒織ぅ訌阿房蠅垢蠅無い為、何か安全対策をしてほしい。

△客様こだわりの機能門柱を設置してほしい。

7物の角が道路から近いため、万が一の車の衝突などから護りたい。

じ軸悗泙錣蠅離妊競ぅ鵑鮹営瓦砲靴燭ない。

ヂ霰曠椒奪スを設置したい。
新聞・マスコミ等で、郵便の再配達が有料化になるかもと騒がれていた為、これからの時代は、あった方が良いのではとおっしゃっていました。
ご要望に対して
行ったこと
.妊競ぅ鸚を重視して、手すりではなく、スリットを設けた。

▲函璽轡鵐魁璽櫂譟璽轡腑鵝。妝離献紂璽
シャビー調のデザインな為、その他外構製品もすべて白系で統一した。

スペースガードを設けて、道路との境を明確に。
さらに敷地角のブロックを道路まで延長、花壇と建物のガードを兼ねた土留めとしました。
これで車が直接建物に接触することを避けられます。

さ’縮臙譴帽腓錣察玄関タイル脇にスリット(白)を設置。
土間コンクリートのアクセントとしてレンガラインを設けた。
砂利はピンク系の砂利でかわいらしく。

ゥ僖淵愁縫奪の宅配ボックス「コンボ」を設置。

また、玄関ポーチに階段を一段追加し、駐車場の勾配を緩やかにしました。
P4260090
P4260091
工夫した点 機能門柱に合わせたデザイン。
特にアプローチのレンガラインから、機能門柱への繋ぎ。
対策は、アプローチからコンクリート製枕木とピンコロで動線をつなぎました。
工事中の変更点 .汽ぅルスペースを設け、サイクルポートも設置したい。

∧置も置きたい。
物置を置くからには、道路からも出入りできるようにしたい。

工事途中でしたが、急遽、門扉を設けました。
即日対応で、お客様もびっくりです。
P4260087
P4260088
花壇の先端を延長させているのは、道路を通行中の車が建物に接触しないための工夫です。 物置は施工中にご要望があり、急遽増設。
できることはできる限り迅速に対応いたします。
IMGP4534

小さな植栽スペースでもあるのとないのでは雰囲気が断然変わります。
造園屋がルーツの私たちが、お客様に合った植栽計画をご提案いたします。
使用建材 チェーンポール : スペースガード(LIXIL)
フェンス : ハイサモア(LIXIL)
宅配ボックス : コンボ(パナソニック)
機能門柱 : UNジュール650(トーシン)
スリットフェンス : スレンダーポール90角(F&F)
化粧ブロック : レガロ モードブラウン(東洋工業)
枕木 : レイルスリーパーン(東洋工業)
ピンコロ : グルバストーンン(東洋工業)
レンガ : シリスブリックン(東洋工業)
建物周り : 6号砕石+防草シート
玄関前 : ガーデン砂利(ピンク系)+防草シート
植栽 低木:アオキ、アセビ

[08/15] 流山市 エントランスのリフォーム カラー平板でアクセント

投稿者:yamada



建物新築後、数年がたち、アプローチリフォームのご依頼を頂きました。
既存のアプローチは、ステップに平板、その周りは砂利敷き。
砂利下には、防草シートが敷設されていない為、繁茂期には草が抜いても抜いても生えてきてしまい苦労なさっていました。


IMGP5732
施工前の状況です
雑草の繁茂でお困りでした。
現況としては、通路部分に平板がステップで設けられており、周りはガーデン砂利で仕上げられていました。
砂利下には、防草シートが無かった為に、年数が経つに連れて雑草が繁茂してしまったと考えられます。
IMGP5734
IMGP5736
土の掘削工事
コンクリート予定場所及び砂利敷き予定場所の土のすき取りを行います。リフォーム工事の場合、地中埋設管経路などが不鮮明な為、破損させないように慎重に作業を行います。


IMGP5737
IMGP5738
下地の締固め
土のすき取り後、コンクリートの下地を締め固める為、砕石を敷均し地盤を締め固めます。
既存のポストは玄関扉付近にあり、工事中は立入禁止となる為、簡易ポストを取り付けました。


IMGP5745
IMGP5747
平板工事
直線的なアプローチな為、カラー平板を用いる事でアクセントがつきます。
IMGP5745
IMGP5747
コンクリート工事
コンクリート打設の際は養生を行い、汚さないように注意を払います。
また、打設完了と共に猫除けネットを取り付けます。以外に効果的です。と言うのは、簡単に猫はネットを飛び越えられてしまうのですが、オレンジ色に警戒している見たいです。近くには寄るのですが、中に入りません。
IMGP5770

P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / /
ご要望 ・草が大変。
最初は、良かったのだが、年々、雑草の量が増えてくる感じで、手入れがとても大変。
また、草を除去しても、下の土と砂利が混じってしまい汚く見えるのでなんとかきれいにしたい。

・玄関アプローチは家の顔なので、さみしいコンクリート通路だけでなく見栄えの良さもほしい。
ご要望に対して
行ったこと
・砂利下には、防草シートを取り入れました。
防草シートを砂利下に敷設すれば、長期的に綺麗に保てます。

・アプローチのデザインアクセントとして一部にナチュラルな質感の平板を配しました。
色はオレンジをチョイスし、レンガ花壇とのバランスを図っています。
注意した点 リフォーム工事全般に言えますが、地中埋設管などが破損しないように慎重に作業を進めました。
P6100093
 
P6100098
お施主様にも「かわいい」と好評の平板!
まっすぐシンプルなアプローチですが、平板、コンクリート、砂利の異なる質感がミックスされた華やかな仕上がりとなりました。

また、雑草対策もばっちりですので、「これで雑草から解放される!」と喜んでいただけました。
使用建材 平板 : カルムぺイブ300×600 300×300(東洋工業)
舗装 : 防草シート+6号砕石

[08/11] 松戸市 マンション中庭リフォーム 日陰でも生育できる樹木

投稿者:yamada



松戸市でマンション中庭のリフォームを承りました。

既存の中庭は、施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、雑草やコケで繁茂している状況でした。
もともと、竹が植えられており、植えた当初は成長が良かったのですが、段々と生育が悪くなり、見栄えも悪くなって来てしまい、お住いの方たちで撤去して綺麗にしようと奮闘されたようです。

それ以降、数年が経ち、やはりマンション中庭は綺麗にしたいと皆さんの強いご意向で、弊社にお問合せ頂きました。

現地調査の結果、日照条件が良くなく、また植栽基盤が湿地に近い状況であると判断いたしました。
施工前
施工前の状況です。
エントランスを入り中央の中庭
日照条件で日陰の時間帯があり、いつからか、苔で一面覆われてしまった状態です。



IMGP5139
IMGP5153
土のすき取り及び地盤整地
地盤の表層をすき取り、地型を整えます。
植栽計画で、地盤を少し高くして、排水の勾配を設けて、降雨時には自然と余剰分の水だけ排水できる対策を計画しました。


IMGP5156
IMGP5155
土壌改良材
今回は、植栽基盤が湿地に近い事もあり、排水性を向上させる対策を施しました。また有機質堆肥を混入する事で、土壌の団粒化を促進させます。


IMGP5158
IMGP5159
下地耕運及び整地
土壌改良材の混入後、天地返し、耕運を行います。耕運の目的は、土壌改良材と地盤の撹拌もありますが、空気も同時に地中に取り込まれます。そうした事で、樹木は根から酸素の供給を得られやすくなります。


IMGP5161
IMGP5164
植栽
大きい樹木から配置し植えつけます。バランスを見ながら、次いで低木の植栽となります。
日陰でも生育可能な樹木を取り入れました。
通常良くあるケースが、日陰対応の樹木で、緑、単一色に植えつけて重たい・暗い感じのパターンがありますが、一工夫のカラーリーフや四季により葉の変化を見られる樹木を取り入れた事で、季節を感じられ、明るさも取り入れられました。


IMGP5166
IMGP5168
防草シート
植栽の形が出来てきたところで、砂利下の防草シートを敷設します。
また、植栽地と砂利との境には見切り材を設けて自然と調和するように仕上げました。


IMGP5176
IMGP5173
砂利敷き
工事も終盤で、砂利を敷き込み完成となります。



IMGP5133


ベランダ下の泥はね対策
施工前の状況です。
草はもちろん、泥はねが目につきます。
IMGP5137
IMGP5135
地盤すき取り及び整地・清掃
砂利を敷き込む為、既存地盤をすき取ります。こちらも降雨時に水溜まりにならないように勾配を設けて自然と排水できる計画を立てました。
土のすき取り後、泥はねの清掃を行います。


IMGP5141
IMGP5143
防草シート
砂利下に防草シートを敷設します。敷地形状に合わせてシートをカットし、隙間が出来ないように仕上げます。


IMGP5146
IMGP5150
砂利敷き
工事も終盤、砂利を敷き込み完成です。




施工後
洋風のタイルにも合うようにイエロー系を取り入れました。また、砂利が明るさを取り込みました。
IMGP5188

P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / / /
ご要望 ・雑草

・コケだらけの状態を何とかしたい。

・中庭は、エントランスを入って近くの為、日々居住者が通る場所であり、特別なところである。
また、来訪者も通る為、何かきれいにしたい。
砂利のみなどの雑草対策はしたくない。

・植木を植えたいけど、日照条件でまた枯れてしまうのでは?と、心配されておりました。
ご要望に対して
行ったこと
まず日照条件から考察して、日陰でも生育できる樹木の中からご提案させて頂きました。

植栽基盤は、湿地に近い状況でしたので、土壌改良を施し、また現況地盤より排水性を良くするため少し高く致しました。
そうした事で、雨天時等は余分な雨水が集水桝へと自然と流れるようになりました。

また、植栽プランは単一植とならないように、複数の樹木を取り入れました。

植栽地全体のバランスを見た時に、全部が一年中同じ緑よりは、夏場緑色で秋頃に赤く紅葉するオタフクナンテンや緑の中にカラーリーフとしてアオキを取り入れました。

そして、植付場所により、日が当たる場所には、アジサイなどお花が咲く樹木も取り入れた事で、四季を感じられるようにいたしました。

全体のプランとしては、四方面から見た時に、植栽のみで混み過ぎないように、中心を化粧砂利とし、デザインアクセントとしました。

砂利の部分には、下部に防草シートを敷設しておりますので、雑草対策もばっちりです。
工夫した点 日陰でも生育できる植物からのご提案でしたので、同一植物のみの重たく暗い印象を避けるべく、できるだけ多くの樹種を使う工夫をしました。
P5060091
植栽で色とりどりを表現し、砂利で明るさを取り込み、ナチュラルな自然な雰囲気になりました。
P6100093

様々な葉の色、大きさ、質感、形が楽しめる空間となり、
樹高のバリエーションも豊富なので、自然な雰囲気を演出できました。
P6100098
P6100093
砂利と植栽スペースがはっきりと別れているのでメンテナンスもしやすく、見栄えもします。
 
P6100098
ボリュームを持たせているので高級感もあります。
使用建材 砂利 : 伊勢砂利5分+防草シート

[08/11] 松戸市 リアル人工芝にリフォーム 雑草対策。悩み解消。

投稿者:yamada



松戸市で承ったお庭のリフォームです。
既存のお庭は、ミカン・サクラ等が植えられており、枝が繁茂している状況でした。
また、土の面積が広い為、雑草も生い茂っていました。

以前は、お庭の一角に、花壇ブロックで仕切られている花壇を楽しんだり、ピンコロの通路(土で埋まって見えなくなっていますが)などお庭に手をかけていましたが、最近は、まったくの手つかず状態で、どうしたら良いか・・・
ご自分で、サクラ等の枝を切ったが、DIYには限界があり、ご相談をうけました。

特別、お庭で何かするわけではないのですが、シンプルにきれいにしたいがメインで、雑草対策を主にご提案をさせて頂きました。
IMGP5588


施工前の状況です。

お庭の面積が広いので、草取りするのも大変です。
IMGP5590
IMGP5591
お庭の仕上がり高さを設定し、それに合わせるように地盤を整えます。今回は、お庭一面に人工芝計画ですので、不要な樹木は根事除去し、DIY花壇も撤去します。


IMGP5592
IMGP5595
地盤が整った後、防草シートを敷設します。シートの切り繋ぎ部分は、重ね代を設けて専用のテープで固定します。下地の作業となる為、丁寧に施工します。


IMGP5597
IMGP5598
防草シート敷設後、人工芝を広げ、敷地の形状に合わせてカットします。人工芝の固定は、専用ボンドを塗布し専用ピンを用いて固定します。


IMG_0264
IMG_0265
敷地内の埋設物等の対応も綺麗に仕上がります。一度、人工芝を敷地形状にカットし、埋設物等がある箇所は、墨を付けてくり貫きます。


P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / / / /
ご要望 ・とにかく、雑草をどうにかしたい。

・雑草対策には、砂利か人工芝?

・コンクリート系にはしたくない。
ご要望に対して
行ったこと
お庭を一度、何もない状態にし、防草シートを敷設した後、砂利または、人工芝のご提案をさせて頂きました。

砂利の種類には、リーズナブルのものから、ガーデン砂利のように見栄えの良いものもあります。

ご意見としては、ガーデン砂利と人工芝で悩まれていましたが、お庭全体を砂利にするより、人工芝の方が良いという事になり、人工芝で施工いたしました。
P5060091
防草シート及び人工芝を敷設したことで、お庭のメンテナンス軽減につながり、
また、お庭がすっきり明るくなりました。
P6100093
本物と見紛うリアルな人工芝です。
P6100098
使用建材 防草シート+人工芝

[08/10] 松戸市 和風庭園に人工竹垣を増設

投稿者:yamada



松戸市で承った人工竹垣の増設です。
既存のお庭は和風庭園風に仕上がっておりましたが、背面の古くなったブロック塀が気になるので、竹垣で隠したいとのご依頼です。
IMGP5601


竹垣の柱を設置する為、基礎となる場所を掘削します。
IMGP5602
IMGP5603
柱の設置個所の掘削が終わった後、基礎となるコンクリート製の基礎ブロックを仕上がりの高さに合わせて据え付けます。


IMGP5605
IMGP5606
基礎ブロック設置後、柱を立て込み、セメントを用いて、モルタルで固定します。



IMG_0276


モルタルの養生期間を経て、組立に入ります。
今回の垣根は、現場に合わせた垣根で、加工を施しながら作業を行います。
IMGP5639
IMGP5643
上部の垣根が完了した後、下部の四ツ目垣を加工しながら取り付けます。また、敷地の起伏に合わせ、ぼく石を用いて自然な土留めを設けます。



P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / /
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / /
ご要望 ・古くなった塀を隠したい。

・出来れば長持ちする方が良い。

・垣根の種類は、提案して頂きたい。
ご要望に対して
行ったこと
・長期的な耐久性を考慮し、人工竹垣のご提案をさせて頂きました。
お打ち合わせ時に製品カタログやサンプル・弊社施工例の写真をお持ちし、垣根の形状説明からさせて頂きました。

その中で、みす垣根の形状並びにうぐいす色がお気に入りになり採用することとなりました。

また、現地を拝見させて頂いたところ、お庭自体に盛土で築山になっおり、通常の垣根を取り入れてしまうと、かなり背の高い圧迫感のある塀となってしまう為、既製品に弊社オリジナルの加工を現地で加え、下部を四ツ目垣とさせて頂きました。

2種類の垣根を設ける事で、上部は遮蔽し、下部は透かしがある為、圧迫感がありません。
上部の割合も多くしてあるので、遮蔽効果はきちんと確保されています。
P5060091
結果として、既存の和風のお庭が引き立つ垣根づくりができました。
P6100093
下部は開放感のある四ツ目垣。
濃い色を採用することで上下のメリハリが出ています。
P6100098
上部はみす垣根。
青々とした爽やかな色は、人工竹垣ですので褪せてしまうことがありません。
使用建材 竹垣 : みす垣5型(上部)・四ツ目垣(下部)(タカショー)

[08/08] 松戸市 玄関前の植栽スペース 

投稿者:yamada
ご要望
仝軸愾阿離好據璽垢鵬燭緑が欲しい。
▲轡鵐椒襯張蝓爾澆燭い里蓮1〜2本程度で、下の部分はどうなるの?
 イメージがわからないから、ご提案してもらいたい。


ご要望の対策として
メインツリーに生長の遅めなソヨゴ株立、サブメインにお花が咲くライラック、ソヨゴは、冬に赤い実を付け、ライラックの花時期には香りと共にかわいらしいお花が咲きます。また、生育環境から見て、おまり大きくなり過ぎては、建物に干渉してしまったりとする為、生長の抑えられる樹木の中からご提案させて頂きました。
下部の低木・下草は、数種類取入れスッキリとまとめました。



IMGP5059

建物際は、泥はね対策や通路として確保する為、砂利敷を予定します。
砂利を敷き込む部分は、土を4冂度すき取り、合わせて植栽の地型も作ります。

ある程度、地型が整ったところで、大きい樹木から配植し、植え込みます。
IMGP5060
IMGP5061
大きい樹木の植付後、空いているスペースに、色々な種類の低木を植えつけます。
また、樹種特性を考慮しながらバランス良く配置します。
IMGP5064
建物際の砂利敷き部分に、防草シートを敷設します。
IMGP5064



植栽の地型に合わせてRに加工します。


工事も終盤で、清掃をして完了です。
IMGP5068

IMG_0117
建材
ガーデン砂利 ピンク系
防草シート
植木:ソヨゴ株立、ライラック、その他マホニア等低木及び下草


IMGP5075
IMGP5077
メインツリーの下部はアクセントにバークチップを取り入れ、かわいらしく仕上げて、数種類の低木・下草を取り入れた事で、緑の濃淡が感じられ、背部のガーデン砂利が植栽地を明確にし引き立てます。
植栽された当初は小さめですが、維持管理を行う上で、樹木が繁茂し、全体のバランスが良くなります。



建物際は上部に庇があり、雨天時でも土に水が浸み込まなかったり、既存に埋設管等があった為、Rラインを取り入れたガーデン砂利仕上げと致しました。
道路側の表からはすっきりとしたデザインで、玄関側から見ると、緩やかなRラインが強調されアクセントになります。
結果、建物基礎の泥はねも軽減され、植木の散水対策も軽減されました。
IMG_0113
Before|After


IMGP5058
IMGP5069
施工前
門柱前花壇はガーデニングされていましたが、土の部分は手付かずで、どうしようと言う感じでした。
施工後
圧迫感の無い、自然体の仕上がりになりました。
駐車場土間目地には、芝生を植え込み、アクセントのある緑のラインが出来ました。

» 続きを読む

[08/08] 流山市 お子様が遊べるお庭づくり。 人工芝で雑草対策

投稿者:yamada



流山市で新築のお庭の工事を承りました。

新築後、お庭をどうしようかと悩まれていたお施主様。
3人のお子様と一緒に外遊びもガーデニングも楽しめて、かつメンテナンスも楽な人工芝がメインのお庭を提案させていただきました。
作業前


施工前の状況です。
風が吹くと砂ぼこりが舞い、雨天時は泥で、汚れてしまいました。


IMGP4850
まず初めに、お庭の仕上がり計画を決めてから、高さに合わせて地盤のすき取り及び不陸調整・整地を行います。
IMGP4852
下地の地盤が整ったところで、防草シートを敷設します。
シートの切繋ぎ部分は、重ね代を設けて専用テープで固定します。
意外と重要な作業で、難敵の雑草の場合は、切繋ぎ部分より生えてきます。特に地下茎の持つ雑草です。


建物基礎周り等も少し立ち上がりを設ける事で、隙間が出来ず綺麗に仕上がります。
IMGP4858
IMGP4859
IMGP4861
下地の工事が完了した後、人工芝を広げます。人工芝には芝目がある為、仕上がりの向きに注意し、敷地の形状に合わせてからカットします。


IMGP4863
IMGP4864
敷地形状にカットした後、専用ボンドを塗布し、専用ピンを打ち込み固定します。


IMGP4865


人工芝完了です。
雑草対策でお庭に砂利を敷き込む事もありますが、一部人工芝を設ける事で、お遊びスペースが出来ます。


最終の仕上げ作業で砂利を敷き込み完成です。
IMGP4866

ご要望 ・草が大変。
・どうしたら良いかわからない。
・コンクリート系にはしたくない。
・レンガの花壇は自分で設置したい。
ご要望に対して
行ったこと
防草対策をメインとしたローメンテナンスなお庭をご提案しました。
花壇スペース以外は、砂利と人工芝のシンプルなお庭です。
人工芝は、お子様の外遊びのためにご提案。
砂利下には防草シートを敷設し、長期的に綺麗に保てます。
砂利の種類はリーズナブルな商品を採用することで、ローコストになりました。
工夫した点 人工芝は、1ロール10崔碓未任糧稜笋里燭瓠∈猯船蹈垢量気い茲Δ帽夫しました。
また、設置場所も10屬蚤りる範囲で設置しました。
花壇ブロックは、お施主様が設置しました。広い花壇ですので、ガーデニングだけでなく、家庭菜園も楽しめそうです。
花壇の手前の人工芝の上は、お子様が遊べる屋外スペースにもなります。
Before|After


こちらのお庭では、お子様がプール遊びをする機会が多いとのことで、素足で遊ぶことを考え人工芝のスペースを作ることをおすすめしました。
人工芝のスペースはリビング前ですので、お子様が遊んでいる様子を家の中から確認できますし、中からの見栄えも良くなりました。
今の人工芝は、見た目も感触も本物の芝のようなリアルな色と質感です。

工事が終わるとすぐに、待ちかねたようにお子様3人がお庭に飛び出して来られました。
お子様たちがとても喜んでいる姿をご覧になり、お父様から感無量との嬉しいお言葉をいただきました。
使用建材 人工芝
防草シート
6号砕石

[08/03] 松戸市 土留めブロックのリフォーム

投稿者:yamada



建物築年数が40年程たち、傾きかけた塀のリフォームのご依頼を頂きました。

既存の塀は、昔ながらの大谷石で積まれており、歩道の方へ傾きかけていました。
傾きかけてしまった要因としては、第一に石積みで土留めを行い鉄筋が無かった為。
第二に竹の根が繁茂しており、その影響で押されてしまっていた事が要因と思われます。
IMGP4890

施工前の状況です。

塀が歩道側へ傾きはじめています。
また、お庭の雑草はもちろん、地盤の起伏が著しいです。



IMGP4891
IMGP4893
既存塀の撤去及び造成
既存塀の撤去後、お庭の造成を行います。竹の根が地盤を無数に張り巡らせ、除去が大変です。トラック2台分の量がでました。
つづいて、土留めブロックの基礎ベースの掘削も行います。


IMGP4894
IMGP4896
土留め工事
土留めブロックの掘削工事が終了した後、土留め養生を行い、下地の砕石を敷き均します。


IMGP4897
IMGP4899
土留めブロック工事
下地砕石を敷き均した後、転圧機で十分に締め固めます。その後、鉄筋の組立となります。今回は、土留め目的ですので、鉄筋の間隔もブロック1本づつの、40僖團奪舛納茲蠧れました。


IMGP4902
IMGP4903
土留めブロック
鉄筋の組立後、基礎コンクリートを打設します。
根入れ1段目は、CP型枠ブロックを採用しました。型枠ブロックとは、ブロック内部が空洞になっており、組積後、内部へコンクリートを流し込み重鎮させるブロックです。強度はとてもあります。


ブロック積み及びフェンス取付 完成です。
IMGP4908
IMGP4902
IMGP4911
土留めブロック
ブロック組積後、養生期間を設けて、埋め戻し作業となります。埋め戻しの際は、転圧機を使用して、十分に締め固めます。以外に、締固めが不十分ですと、後に沈下するケースがあります。




P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / / / / / / /
ご要望 ・年々、塀が歩道の方へ傾きはじめてきたので、安全に直したい。

・お庭の地盤が著しく斜めなので、整地をして平らにしたい。また、それと同時に、竹の根も除去したい。
ご要望に対して
行ったこと
・同じ大谷石で積み替えると危険ですので、重量ブロックの15僂鮑陵僂靴涜从を行った。また、根入れの1段目は、より強度を求める為、CP型枠ブロックを取り入れました。

・重機を使用して、お庭を天地返しし、竹の根を除去しました。
工夫した点 ・土留めのブロックは、高さを低めに設定し、上部は重量の軽いアルミのフェンスを設けました。

・お庭整地において、大谷石が無造作に積まれていたので、据え直しを行いました。
注意した点 リフォーム工事全般に言えますが、地中埋設管などが破損しないように慎重に作業を進めました。
P6100093
 
P6100098

塀が歩道沿いとの事もあり、直そう・直そうとは、思っていたけど、なかなか作業には至らなかった。今回、安全な土留めになったので、安心されていました。


お庭の整地と共に大谷石の土留めを据え直した事で、見栄えも綺麗になりました。
IMGP4923
使用建材 フェンス : リクシル ハイサモア
ブロック : CB150C

[07/19] 松戸市 人工竹垣でリフォーム 御簾垣

投稿者:yamada
松戸市で、竹垣の改修工事のご依頼頂きました。
施工前の写真でご覧いただける通り、経年劣化で腐食し完全に崩れてしまっている状況でした。
Before|After


3 (1) / / / / / / /
3 (2) / / / / / / /

IMGP5394

腐食して崩れかかった竹垣を撤去し、植木も整理しました。
人工竹垣の柱はアルミの製品で出来ている為、コンクリートで柱を固定します。


柱のコンクリートが固まった後、上部の垣根から仕上げていきます。
IMGP5398
IMGP5397
現地にて、四ツ目垣の材料を加工します。
IMGP5399
加工が終わった後、間隔を合わせながら取り付けて完成です。

P4040093
ご要望 ・自然の竹で作りなおすより、人工竹垣にしたい。

・人工竹垣の種類は、色々あるけど、垣根の下の方は、空いているタイプにしたい。
ご要望に対して
行ったこと
・既存の垣根の形状は、上部が建仁寺垣で下部が四ツ目垣となっていました。
一般的な人工竹垣の商品は、ユニット化やセットとなっている為、既存の竹垣の様な、形状は無く、部材を揃えて、現場手づくりと致しました。

・基本形状は、みす垣ですが、下部に四ツ目垣を取り入れました。 
また、みす垣根は、表裏のない垣根ですので、道路からの見た目はもちろん、宅内からでも見栄えは良いです。
工夫した点 繁茂していた植木を整理しました。
結果、垣根の間割り(上下のバランス)も良く、また、四ツ目垣の色を濃くした事で、締まりました。
P4040095
既存商品での四ツ目垣(下部)+みす垣(上部)セットは存在しないのですが、現場で組み合わせました。
四ツ目垣は色の濃いタイプを使うことで引き締まり、見栄えが良くなりました。
また、人工竹垣なので、腐食して崩れてしまう不安はもうありません!
使用建材 人工竹垣 : みす垣5型セット+四ツ目垣根部材(虎竹)(タカショー)

[07/01] 松戸市 お庭の雑草 悩み解決

投稿者:yamada



ご要望の対策として
〇草の除去後、土のすきとりを行い、防草シートを敷設した後、人工芝・砂利敷きを行う事をご提案をさせて頂きました。
見栄えの良いガーデン砂利、数種類ご提案をさせて頂きました。


IMGP5521


施工前
雑草はもちろん、地盤も石や礫など沢山で、でこぼこでした。
IMGP5522
|枠彑庵
 雑草の除去及び地盤を平らに整えます。

ここでの、ポイント
地盤整地は、石などを除去して、平らに整えます。
後の、仕上がりに影響する為です。
IMGP5523
∨描陬掘璽
 地盤が平らに仕上がったところで、防草シートを敷設します。

ここでのポイント
・シートの切継ぎ目は、重ね代を設ける。
・雨水桝等の埋設管周り及び端部処理は丁寧にカットします。
隙間が出来てしまうのはNGです。雑草は、生命力が強い為、少しの隙間でも生えて来てしまうからです。
防草シートは、公共土木系の地盤安定材にも採用されている製品を採用しています。
IMGP5525
人工芝
防草シート後、人工芝を設置します。
敷地の形状に合わせて、人工芝をカットし、専用ボンドと専用ピンで固定します。

ここでのポイント
・人工芝には芝目があるので、設置の際は向きに注意をしてカットします。
IMGP5526
ず粛敷き仕上げ
ある程度仕上がって来たところで、砂利を敷き込み完成です。

ポイント
砂利を敷き均すにも、コツがあります。ただ撒くので無く、周りの高さを見ながら、均等に敷き均します。
結構、見栄えが変わってくる作業です。
P4150092
ゴ粟
最初の下地工事で、入念に平らに整地を行って事で、綺麗に仕上がりました。
下地の工事は、見えない作業ですが、かなり、重要ともいえる作業です。



ご要望
,庭の雑草が生えないようにしたい。
  また、人工芝・砂利下に防草シートを入れてもらいたい。
∈粛の種類は、おしゃれで見栄えの良いものにしたい。


建材
ガーデン砂利 ピンク系
リアル人工芝
防草シート


P4150088
P4150093
お打ち合わせ当初は雑草が繁茂しており、一度、除去した後、芝生を張りたいとの事でした。しかし、お話をお伺いする中で、芝生のメンテナンス等のご説明をさせて頂き、出来ればあまり手の掛からないようにしたいとのご要望でした。
お忙しい日々の中、いつも気が付いた時には、雑草が気になってしまう状況で、芝生を張り付けたところで、やはりメンテナンスを行わなければ、元に戻ってしまいます。
小さなお子様がいらっしゃる為、既存の花壇は残しつつ、お庭で遊べるように、人工芝のご提案と見栄えが良いガーデン砂利を取り入れた事で、お庭が明るくなりました。


Before|After


IMGP5521
P4150091
施工前
お庭に雑草が沢山。
花壇はDIYでならべてはみたが、イメージが・・・
施工後
花壇や人工芝など、目的に合わせたプランに仕上がりました。
お庭で遊ぶのに、砂利の上だと・・・
人工芝だと遊べて、花壇でお花が楽しめる。

» 続きを読む

昇順表示 | 降順表示
«前のページへ || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || 次のページへ»

« トップページに戻る
ブログカレンダー
<   2019-04   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
有限会社 山田造園
〒270-0021
千葉県松戸市小金原2-16-1
TEL 047-341-3258 
FAX 047-342-8940