このページのトップへ
» スタッフブログ

[05/10] 松戸市 草取りの軽減〜砂利敷き〜

投稿者:yamada



ご要望の対策として
〇草の除去後、土のすきとりを行い、防草シートを敷設した後、砂利敷きを行う事をご提案をさせて頂きました。
▲ーデン砂利等は価格が高くなってしまうので、低価格砂利を数種類ご提案をさせて頂きました。


ご要望
〃物周りの雑草が生えないようにしたい。
  また、砂利下に防草シートを入れてもらいたい。
∈粛の種類は、現況と同じもので良い。


建材
6号砕石
防草シート


IMGP5228
〇楾前
IMGP5232
既存地盤すき取り
 砂利の敷き均す厚み分のすき取りを行います。
IMGP5233
K描陬掘璽
 地盤のすき取り後、防草シートを敷設します。
 ポイントは・・・
 〃箚屬出来ないようにする。
 端部は、少し折り返して立ち上げる
IMGP5234
ず粛敷き
 砂利厚みを均等に均し、見栄え良く平らにします。
IMGP5234

補足。
埋設物等の管まわりも隙間が出来ないように丁寧に加工します。

IMGP5237
IMGP5238
IMGP5236
お打ち合わせの中で、お忙しい日々の中、いつも気が付いた時には、雑草が気になってしまう状況との事でした。
砂利下に防草シートを取り入れた事で、メンテナンスが軽減され、仕上がりは、砕石を敷き均し建物周りが明るくなりました。


Before|After


IMGP5228
IMGP5241
施工前
一見、草が無く綺麗に見えますが、下部に防草シートが無い為、繁茂期には、除草が大変・・・
施工後
砂利下に防草シートを敷設しているので、雑草が生えません。

[04/10] 松戸市 お庭をリフォーム レンガ敷でお子様が遊べるようなスペースのお庭

投稿者:yamada
お客様からのご要望
.瓮鵐謄淵鵐垢砲△泙蠎蠅里からないようにしたい。(芝生等)
夏場、お庭でプールをやりたいのでプールを置きやすいようにしたい。
雑草対策はしたいけど、砂利のみだと何かさみしい。



P4040104
松戸市で造園工事(リ・ガーデン)のご依頼頂きました。

←施工前
施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、建物新築時にDIYで、芝生や一部花壇などを作られ楽しまれておりましたが、数年が経つうちに芝のメンテナンス等に手が回らなく、どうにかして綺麗にしたいとの事でした。

既存の芝生を除去した後、敷きレンガ予定場所の下地を締め固めます。
土の状態ですと、降雨等で地盤が緩み、レンガが凸凹になる為です。
IMGP5478
IMGP5480

下地工事が完了した後、レンガを並べて、目地にはより安定するように珪砂を詰めます。
IMGP5481
レンガ周りは砂利敷の予定で、下部には防草シートを敷設する事で、雑草防除が出来ます。
IMGP5482
工事も終盤、砂利を敷き込みます。
IMGP5479


こちらは玄関側、樹木の植栽と共に土壌改良材(堆肥等)を混入し、植栽基盤を整えます。

ご要望に対して行ったこと


メンテナンスに手がかからないようにということで、砂利+防草シートをベースに、真ん中にレンガ敷きのテラスを設けました。
これでデザイン的に殺風景でなく、雑草対策もばっちりです。

また、お庭の角に設けた花壇には、こちらもメンテナンス性を重視し、あまり背の大きくならないマホニアを植栽。
お隣にもご迷惑が掛かりません。
小さな植栽スペースですが、ピンク色の砂利と緑のコントラストが美しいスペースとなりました。

そして、前述のレンガテラスは、「プールを置きたい」というご要望にもお応えしたものです。
テラスはちょうどリビングの前にありますので、お子様がプールで遊んでいる様子をお部屋から見守ることができます。


P4040106
列植になりがちな直線的な植栽帯ですが、真ん中に植栽スペースで彩り、両サイドを砂利敷にする事で、すっきりとまとまります。
P4040107
メインツリーの下部は、複数の低木で彩ります。
P4040093
P4040095
IMGP4534

玄関まわりもお庭からつづくかたちで砂利で仕上げ。
メンテナンスしやすい鉢植えを置くためのウッドのコンテナで華やかな雰囲気に。
使用建材 レンガ : シリスブリックン(東洋工業)
舗装 : ガーデン砂利(ピンク系)+防草シート
植栽 お庭側 : マホニア、ブルーベリー、オタフクナンテン、下草
道路側 : ブラシの木、マホニア、カシアバアジサイ、下草

[02/25] 柏市 駐車場にカーポート設置

投稿者:yamada



・施工環境は、植栽地と建物に囲まれており風圧の心配は他の場所と比べ良いものでありました。積雪については、通常20僉30冂度の商品が主流ですが、積雪地域にも対応する50冂度の商品を採用しました。通常の柱より1本多く、また構造も少し強くなっています。施工においては、下地がアスファルトで、基礎形状がコンクリート併用基礎とならない為、設置基準のもと施工いたしました。

IMGP4689
.▲好侫.襯伐鯊
 設置場所の位置決め後、表層のアスファルトを撤去します。
IMGP4687
掘削工事
 アスファルト撤去後、コンクリートを打設する為の穴を掘削します。
IMGP4690
7〆鏨偉
 綺麗に掘削を行う事で、後の仕上がりに影響します。
IMGP4692
し刃
 基礎のコンクリートを打設した際に、見栄え良くするため仮枠の設置を行います。
IMGP4700
ッ譴領て込み
 柱は重い為、ユニック車があると便利です。
IMGP4702
λ楝料販完了
 骨組みの組立完了
IMGP4705
Т霑奪灰鵐リート
 カーポートが傾かないように仮固定しながら打設します。
IMGP4706
┣虻材の張り付け
 コンクリート硬化後、屋根材を張り付けます。
IMGP4709
養生期間
 基礎形状が大きい為、1週間ほど養生期間を設けます。
IMGP4755
仕上げ
 コンクリート養生期間後、仮枠を外し、アスファルトで補修して完了です。
IMGP4759


慎重に作業する事で、仕上がりが変わって来ます。
IMGP4758
ご要望
,車を新しく購入した為、カーポートを設置したい。
△覆襪戮積雪にも対応しているものが良い。
C鷦崗譴魯▲好侫.襯箸世設置が大丈夫か心配された。


建材
LIXIL ファインポートZ


IMGP4760
苦労した点は掘削工事において、極力、周りの構造物等に傷をつけないように慎重に作業し、場所によっては、養生・型枠等を設置しての作業となりました。もちろん、リフォーム作業の鉄則です。


Before|After


IMGP4684
IMGP4758
施工前 施工後

[02/01] 松戸市 創作竹垣 和モダンな雰囲気を。

投稿者:yamada



ご要望の対策として
・既存の竹垣は自然の物で出来ており、劣化で崩れていました。エントランスとの事もあり、人工竹垣を採用致しました。基本形状は、みす垣ですが下部を四ツ目垣とし、スッキリさせたデザインで、上部はイエローの中に、下部と合わせた黒竹を取り入れアクセントをつけました。
植栽の緑が鮮やかなみす垣根のアプローチで、上品な雰囲気がお客様をお出迎えします。



IMGP5311
ヽ精の柱をセメントを用いて立て込みます。

IMGP5312
柱の立て込み後、胴縁を取り付けます。
 意外と重要な作業で、垣根の仕上がりバランスを左右します。
IMGP5313


作業現場に合わせて、現地で加工します。
IMGP5314
げ湛後、下部の四ツ目垣から組み立てます。
IMGP5315
イ澆抗世料隼劼鯀箸瀘てます。
 ある程度組みあがったところで、バランスを見ながら、黒竹を取り入れます。

PB060089
Before|After


IMGP5310
PB060090
劣化した竹垣を撤去後 和モダン風の黒系とはまた違った、落ち着きのある雰囲気に仕上がりました。



PB060096
垣根の一部に、黒竹を取り入れた事でアクセントになり、モダンな雰囲気です。
PB060093
垣根上部は、隣地との視線をカットし、前面の植栽の緑が際立ちます。
PB060099
竹垣の下部を四ツ目垣とした事で、スッキリしたデザインとなりました。



[10/20] 柏市 雑草除去・防草シート〜砂利敷き〜

投稿者:yamada





Before|After


DSCF8590
3
雑草が沢山でした。 綺麗で、明るくすっきりしました。


DSCF8595

〇草と土のすきとり
雑草の除去後、砂利を敷き込む為、4冂度、土をすきとります。


∨描陬掘璽
土のすきとり後、防草シートを敷設します。
埋設物等の周りは、隙間が出来ないように、丁寧にカットします。
DSCF8599
DSCF8605


砂利敷き
狭い通路は、一輪車等が使用できない為、手運びで運搬し敷き均します。

P4220143




設計コンセプト
ご要望の対策として
〇草の除去後、土のすきとりを行い、防草シートを敷設した後、砂利敷きを行う事をご提案をさせて頂きました。
▲ーデン砂利等は価格が高くなってしまうので、低価格砂利を数種類ご提案をさせて頂きました。
ご要望
〃物周りを綺麗にしたい。また、雑草が生えないようにしたい。
低コストの砂利にしたい。


建材
5号砕石
防草シート


P4260090
P4260091
お打ち合わせの中で、お忙しい日々の中、いつも気が付いた時には、雑草で大変な事になってしまう状況との事でした。
砂利下に防草シートを取り入れた事で、メンテナンスが軽減され、仕上がりは、砕石を敷き均し建物周りが明るくなりました。


» 続きを読む

[10/13] 流山市 〜オープン外構ができるまで〜

投稿者:yamada





1

施工前の状況

軽量ブロックで積まれていた為、経年劣化でひび割れや破損している状況で、手で押しても崩れてしましそうな程でした。
2
ヾ存ブロック塀の解体
建物完成後の工事ですので、躯体等を傷めないように細心の注意を払って解体します。
3
掘削工事
ブロック塀の撤去後、床掘りをし、転圧を行います。
4
2蔀郎媽
土の掘削後、下地の砕石を敷き均し、転圧を行い締め固めます。
5
づ感攸
今回は、土留め目的で施工する為、鉄筋のピッチを40儡岾屬納茲蠧れます。
6
ゥ戞璽好灰鵐リート
ブロックの基礎となるベースコンクリートを打設します。
7
Ε戞璽好灰鵐リート
こちらは、1段積みとなる為、ベース幅を小さくしています。
9


Д屮蹈奪積み
ブロック1段事にすべて横に鉄筋が入るように積んでいます。
また、補強対策として控え壁も設けています。
10 (1)
┘侫Д鵐校拊譴寮瀉
水平器を用いて、フェンスの柱を設置していきます。
10 (2)
ブロック天端仕上げ
ブロック積み後、合わせてブロックの天端をモルタルで仕上げます。
11
埋め戻し
養生期間を設けた後、土の埋め戻しを行います。
必ず、埋め戻しの際は、振動機(ランマー)を用いて、締固めを行います。
12
駐車場 土のすきとり
コンクリート打設予定場所の土のすきとりを行います。
13
下地砕石
土のすきとり後、下地の砕石を敷き均します。
14
下地砕石 転圧
下地の砕石を敷き均した後、仕上がり高さに合わせて、締固めを行います。
15 (1)
防草シート
砂利敷き予定地の場所に防草シートを敷設します。
15 (2)
砂利敷き
防草シートを敷設した後、砂利を敷き均します。
16


哀侫Д鵐梗萇
工事も終盤になり、フェンスの本体を取り付けます。
18
嬰擺屮灰鵐リート打設
工事の最終、駐車場のコンクリート打設です。
19
架楡
コンクリート打設後、1週間程度、養生期間を経て、完成となります。

P4220143
ご要望
[拊篭界沿いの土留めブロックの積み替えをしたい。
▲ープン外構だけど、建物裏側は、防犯機能も欲しい。
7物まわりは、雑草を繁茂させたくない。
じ軸悗泙錣蠅蓮△しゃれにしたい。
ゼ命燭任蓮△錣りずらいのですが、道路から階段下までの(設計GL)高低差があり
駐車場の勾配がきつくなるのではないかと心配された。








設計コンセプト(対策)
ヾ存の状態は、軽量ブロックで積まれており、無数にクラックが入り手でも崩れるほどでした。特に、片側は、隣地との高低差もあり、何かあった時に、ご迷惑をかけてしまうのと、小さなお子様もいる為、新しく安全にしたいとの事で積み替えました。高さは、低めに設定して、間仕切りフェンスを取り付けました。
建物前面は、オープンにしました。裏手は、ごみステーションが近くにある為、門扉をとりつけて、防犯性を高めました。
7物まわりは、砂利敷で、下部に耐用年数のある防草シートを採用しました。基礎のどろはね軽減及び、ぬかるみ防止になります。
ぅ┘鵐肇薀鵐垢蓮高低差がある為、シンプルに手すりのみなどはありましたが、おしゃれにスレンダーポールを設置しました。
また、階段脇に植栽地を設けた事で、ベストマッチしました。
コ段を、既存の状態から1段追加し、なるべく勾配を緩くしました。
建材
F&F スレンダーポール 90角 レディッシュブラウン
TOXE ハイグリットメッシュフェンス ブラック
プレスタ門扉2型 06-10 ブラック
フラット横型ポスト 前入・前出 
300角タイル イナックス フィオシリーズ
樹木 ソヨゴ株立 H=1.8m 低木数種類
6号砕石・防草シート
CB150C


P6040110
P6040105
苦労した点は土留め工事において、建物完成後の作業で、建物等に傷をつけないように慎重に作業し、場所によっては、養生・土留め板等を設置しての作業となりました。もちろん、隣地沿いの作業となるのでお隣様にも配慮を行いました。
設計の段階では、玄関付近のみで、おしゃれ間を出す為、デザインンに悩みました。
結果、スレンダーポールと植栽の緑を取り込んだ事で、アクセントになり、おしゃれ感を出すことが出来ました。


P4260090
P4260091
植栽スペースをR上に仕切ってウッドチップで仕上げました。 スレンダーポールでスマートに目隠しをしました。
P4260087
P4260088
テラス部分はタイルを貼って仕上げました。 防犯のため門扉を設置しました。防草シートで砂利から草が生えにくいのでメンテナンスも楽です。
Before|After


IMGP4267
P6040114
高低差があり駐車場の勾配が心配でした。 階段を一段増やすことで駐車場の勾配が急にならずに自然な水勾配で仕上げつ頃が出来ました。

[08/30] 柏市 〜お庭ができるまでの流れ〜

投稿者:yamada



ー農犬反△┨みとの境を明確にし、曲線美のあるデザインをご提案をさせて頂きました。
⇒醉媼・常緑樹を取り入れる事で、四季を感じられるお庭のご提案をさせて頂きました。


ご要望
,庭をきれいにしたい。
⊃¬擇伴農犬良い。


植栽樹木
ジュンベリー
常緑ヤマボウシ
トキワマンサク
レイランディ
キンカン
フェイジョア
ソヨゴ
下草・低木


Before|After


IMGP2234
IMGP4883
雑草と部分的に枯れてしまった芝生の状態でした。 自然と調和するように仕上がりました。
IMGP2236
\庵
既存の芝生及び雑草の除去後に、お庭の地盤を整えます。

⊃¬擇慮獣枠惰
植木の搬入に際してはトラックに積み込み、搬入いたしますが、輸送中、植木が傷まないように寒冷紗(ネット)を被せて輸送します。
IMGP2237
IMGP2238
植木の配植
地盤が整ったところで、植えつける前に、植木の向きとバランス・位置の確認を行います。
IMGP2242
た付
位置決めが決まったところで、植穴を堀り、土壌改良材を混入し、植えつけます。


タ絛砲
植付後、根鉢と土が密着するように水極めを行います。
IMGP2243
IMGP2244
芝地の下地耕運
芝生予定地の地盤を耕運し、空気を含ませて柔らかくします。
IMGP2246
土壌改良材 混入
耕運後、土壌改良材の混入を行います。
IMGP2248
╂庵
芝張前の最終作業
地盤を平らに仕上げます。
IMGP4867
芝張
平らに均した地盤を傷めないように、養生しながら張り付けます。
IMGP4869

芝張 加工
芝生を張り付けた後、お庭の形に合わせてカットします。
IMGP4871
目土
すべて芝生を張り付けた後、目土掛けを行います。(芝の発根促進を促します。)
IMGP4874
散水
目土掛け後に、たっぷりと散水し完成です。

P4220143
P4260090
P4260091
お打ち合わせの中で、お庭の形状を綿密にお話しさせて頂き、曲線美のあるお庭をご提案させて頂きました。
芝生を取り入れた事で、お庭が明るくなり、また、芝生の曲線美が植え込みとの境を明確にします。


P4260087
P4260088
玄関側の植栽
メインにソヨゴを植栽し、ソヨソヨ感をもたらせ、下部は、すっきりと下草でまとめました。


P4220163
メインツリーのジュンべリー
自然体の樹形が見所で、お庭をより一層引き立てます。


[07/26] 松戸市 玄関 土間コンクリート リフォーム・物置設置

投稿者:yamada



現地調査時、施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、コンクリート面の劣化及びクラックが無数に入り見栄えが良くありませんでした。
今後、コンクリートにクラックが入りずらくなるように、伸縮目地を設けました。
対策は、スリット目地とデザイン性を考慮し平板とインタロッキング目地でアクセントをつけました。
また、物置もブラックをお選びになったので、シックなモダン色に統一感を出しだデザインに仕上げました。


Before|After


IMGP4334
IMGP4608
施工前は劣化してクラックが入ったコンクリートでした。 床面だけをリフォームするだけで印象が変わります。
既存のブロック・階段タイル等を傷つけないように慎重に解体を行った。
コンクリート工事においては、下地の砕石転圧を十分に行い、沈下等によるクラック防止を図った。



IMGP4525

解体工事
既存のコンクリート解体・既存樹木の撤去を行い、下地の砕石を敷設し締め固めました。

仮枠設置
コンクリートの伸縮目地を設ける為、5冂のスリット目地を設けました。
また、まわりの構造物とコンクリートを接するのを防ぐ事で、クラック等の軽減が図れます。
IMGP4526
IMGP4527
 平板設置
アクセントに平板とインターロッキング目地を設けました。
IMGP4528
 コンクリート養生
土間コンクリート打設前、汚さないように養生を行います。
IMGP4531
 土間コンクリート打設
養生の準備が整った後、コンクリートの打設です。
打設後、ある程度、表面が締まって来た状態で、刷毛引き仕上げを行いました。
IMGP4535
 土間コンクリート打設後
刷毛引き仕上げ後、清掃をして、養生期間を設けます。
IMGP4597
 コンクリート養生期間後
仮枠を撤去し、隙間を設けた場所に、防草シートを敷設します。
以外と雑草は難敵で、砂利のみですと、すぐに雑草が生えて来ます。
IMGP4598
 砂利敷き
砂利をコンクリートの高さまで詰めて完成です。

P4220143
ご要望
(置を設置したい。
∧置設置下は、植栽地でしたが、コンクリートにしたい。
お打ち合わせする中で、物置下をコンクリートにするなら、玄関アプローチも一緒に、リフォームしよう!となりました。


建材
東洋工業:スーパーテラ MD-1 ブラック
インターロッキング 白夜
ガーデン砂利(グレー系) 土間目地スリット
防草シート
イナバ物置:スタンダート ネクスタ NXN-45S


P4260087
P4260088
黒色のタイルとインターロッキングがアクセントになっています。伸縮目地をれたのでコンクリートのクラック防止になります。 大きな物置は趣味の道具やアウトドア用品を収納できますので、とても便利です。床はアプローチと一緒にコンクリートで仕上げました。
P4220163
物置の設置と一緒にアプローチのリフォームをして大正解でした。見た目もきれいになってとてもすっきりした印象になりました。

[06/11] 流山市 造園工事の完成まで! ナチュラル植栽をモチーフのお庭

投稿者:yamada



建物新築工事にあたり、お庭の造園工事をご依頼頂きました。
施主様宅は、自然派でこだわりの持つ方でした。建物内は、無垢板の床張り、ウッドデッキは、自然の木材等。
ナチュラルが好きな方と思いました。最初の打ち合わせは、漠然として、フェンスまわりにフェンス位の高さの木を植えて、芝生という感じでした。
お話しして行く中で、デザイン性や道路面からの見た目や、日陰部分となってしまうところの対策等を考え、ご提案して欲しいと言う事でした。



IMGP4424

施工前の状況
お庭づくりは元々、このような何もない状態からスタートします。
植木の持つ魅力・石材、独特の風合いをご紹介したいと思います。
IMGP4539
|枠廚里垢取り
工事のスタートで、一番始めに行う作業で、敷地内の土の除去及び整地を行います。
今回は、芝を張る計画ですので、3僂曚匹垢とりました。
IMGP4543
⊆任慮切り
芝を張り付ける際に、見切り材を設ける事で、芝が蔓延るのを防ぎます。
レンガ・石材等で見切る場合もありますが、今回はプラスチック製の見切り材を使用しました。
IMGP4540
石材の据付
お庭の仕上がりをイメージしながら、石材の配置を行います。
使用した石材は、大谷石を採用し、独特の風合いが楽しめます。
IMGP4544
大谷石の据付、完成。
芝生の予定地に、通路を設ける事で、芝を傷めずに歩行できます。
IMGP4545
て陰部分及び道路からの見た目
道路から見た時に、一直線にお庭の奥まで見えないように、枕木を用いて、歩く動線を変化させています。
また、日陰部分の対応は、通路まわりを砂利敷で、植木は日陰でも育つ樹木を選別しました。
IMGP4546
タ¬擇凌∈
主木となるメインの植木から、バランスを見ながら植えつけます。
植木の形等は、仕入れの段階からイメージしたものを選んで調達し、現地で植えつける際には、向き・バランスを考慮して配植します。
IMGP4540
Σ質陝δ稾擇凌∈
主木を植えつけた後、下草と低木を植え込み形に仕上げていきます。低木等も単一植にならないように、四季折々を表現できるように植え込みます。
IMGP4546
Ш粛下の防草シート
砂利下には、必要不可欠の防草シート。細部まで入念に隙間が出来ないように敷設します。
IMGP4588
┷粛敷き
仕上げに砂利を敷き込みます。種類には色々ありますが、今回の自然をモチーフのお庭には、青系の大磯砂利が落ち着きがあり、よりお庭を引き立てます。
IMGP4586
芝張下地
お庭の最終工事の芝張準備です。
芝生予定地に、土壌改良材の混入と耕運を行い、土壌に空気を含ませてあげます。この作業は、長くお庭を愛用して頂く為には、重要だと思います。
P4220118
芝生の張り付け
下地工事の完成後、芝生を張り付けます。
弊社では、早くグリーンのターフを形成するように、べた張りを採用しております。
また、張り付けの際は、デザイン性も考慮しながら、曲線を描いて張り付けていきます。
P4220119
目土掛け
芝張後、目土掛けを行います。雑草の種子の混入がない無菌状態の土を採用し、芝面の不陸調整及び芝の芽出しを促進させます。
P4220120
芝の転圧
目土後、最後に芝を転圧し、活着を良くします。
IMGP4589
仕上げ清掃
工事中は、養生を行いますが、どうしても汚してしまう事があります。仕上げに清掃をして完成です。

P4220143
建材
大谷石300*900 芝の中にアクセント。 大谷石の持つ風合いが最高です。
枕木
芝の見切りに御影石の縁石
f&f マイティウッド 高さ1200 板幅120 隙間30 L=6000 色:チークブラウン
複数の樹木
ロドレイア・フェイジョア・とキワマンサク紅白・オガタマ・斑入りサカキ・イチゴの木・ゴードニア・ソヨゴ・ビバーナム・レイランディ・ゴールドライダー・レモン・常緑ヤマボウシ


P4220121
フェンスまわりの樹木は、生垣みたく単一色でなく、15種類の様々な植木を使用し、それぞれが持つ個性を生かし、自然と調和するように、また、圧迫感がでないように工夫。
樹種を変えたことで、葉がカラーリーフだったり、緑でも濃淡があるので、見た目が重くなりません。
P4220133

道路面からの見た目と、日陰部分の工夫
フェンス周りの樹木を建物脇まで植えず、人工木のフェンスを作りました。
フェンス沿いに樹木を植えてしまうと、通路幅が狭くなるので、建物側・フェンス側、2ヶ所に植栽地を設け、森の小道をイメージしました。日陰部分のところなので、手前は、モミジ、奥は、アオハダ、下部は、日陰対応の低木と枕木通路に、砂利を敷きました。

また、施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、立水栓が隠れるように工夫しました。
Before|After


IMGP4424
P4220143
新築後のお庭工事前
立水栓が見えます
施工後は植栽で立水栓が隠れて通路は動線をわざと動かして変化を持たせています。
P4220138
庭へ続くアプローチは緑の間をくぐり抜け、自然の中にいる感覚になります。
P4220127
大谷石で作ったアプローチは最高の風合いです。少し高さを持たせていますので、芝生になかに浮かび上がったようなイメージです。
P4220129
砂利の見切りは美しい曲線に仕上げました。
P4220124
芝も同様に縁をRで仕上げています。大谷石がアクセントになっています。
P4220163
枕木と石の組み合わせのアプローチ。枕木の隙間にはタマリュウを入れました。日陰でも大丈夫な植栽を選んでいますので、日が当たらなくても心配が要りません。

[06/10] 流山市 レンガをふんだんに使用したアプローチと芝生のお庭

投稿者:yamada



最低必要限の外構はお家の建て替え時に完成済で、お庭のリフォームは専門にお願いをしたかったそうです。
ご要望はレンガを使ってアクセントをつけたり、ガーデンテーブル下をレンガ調のテラス風したい。
レンガがお好きということでレンガと芝でプランを考えました。



Before|After


作業前
P4220085
全面土でレンガは無造作に積まれた状態でした。 芝貼りのお庭に植栽をレイアウトしてすっきりしたお庭になりました。この奥にはレンガサークルにステージにガーデンファニチャがあるプライベートガーデンがあります。

IMGP4502
お庭の中央に設置予定の花壇。
建物より眺め、花壇の微妙な向き、延長を確認し、周りの仕上がりをイメージしながら、工事の一番初めに、形をつくりました。
・床掘り
レンガを敷き詰める為、仕上がり高さを確認しながら、土の除去を行います。
IMGP4504
IMGP4503
・砕石転圧
土の除去後、下地の砕石を敷き均し、地盤を締め固めます。
IMGP4506
・レンガ据付
下地モルタルで、高さを調整しながら、レンガを据え付けます。
IMGP4505
少し、曲線を描きながら、形をつくり上げます。
IMGP4510
・レンガサークル
ピンコロレンガを使用し、手づくりレンガサークル。
楕円形にならないように、何回も寸法確認し、離れての見た目も重要ですので、苦労しました。
IMGP4512


作業が、ここまで進むと、あと少しですが、外周になるに連れて、据付する数も増えてくるので、なかなか進みません。
集中力を切らさない為、小休憩を挟みながら、作業しました。
仕上がった時の達成感は、図りしれませんでした。
IMGP4523
レンガ等の工事完成です。
残りは、芝張です。
IMGP4523
IMGP4600
・芝張(_蔀蝋事)
固くなった地盤をほぐす為、天地返しを行い、土壌改良剤を混入しました。
IMGP4601
・芝張(下地工事)
耕運機を用いて、撹拌します。
撹拌することで、土壌に空気が含まれるのと、改良材を用いた事で、土壌の固結を防ぎます。
IMGP4602
・芝張(2蔀蝋事)
撹拌後、地盤を湿らせてから、整地を行います。
均一に地盤を平らにする事で、仕上がりが異なります。
IMGP4628
下地工事が完成した後、芝を張り付けていきます。
IMGP4629
石のまわりや植木まわりは、芝を形に合わせてカットします。
IMGP4631
全体を張り終えた後、目土をかけて、平らになるように転圧をかけます。



最後にたっぷりと散水を行い完成です。
P4220084

P4220085
P4220096
レンガサークルは直径1800mmあります。
P4220102
ここで家族や友人とお茶を楽しめます。
P4220106
既存のガーデンアーチを再利用しました。
P4220113
木陰が気持ちいです。奥のテーブルセットは植栽が目隠しになって見えません。
P4220090
テラスから庭を見た様子。花壇の植栽で建物側からの目隠しになっています。
芝生には天然石の飛び石を敷きました。雨上がりでも安心してプライベートガーデン空間へアクスセスできます。
P4220093
お庭が真ん中の花壇を境に分かれていた為、通路の形状等のとり合いをどうするか悩みました。結果、芝生のお庭ともう一つのサークルテラスをうまく繋げました。花壇のレンガ積みも綺麗になりました。
P4220095
芝のお庭を抜けてレンガアプローチへ、アーチをくぐるとレンガサークルのステージです。

[05/09] エントランスの造園工事・人気ある樹木の植栽 

投稿者:yamada



この度、大手ハウスメーカー様より、住宅展示場のエントランスを綺麗にしたいとご要望をうけて施工させて頂きました。
既存の状態は、建物外壁の重厚さが際立ち、どこか建物前面側が殺風景な印象でした。そこで、植木の緑の力と、また植栽の技法を取り入れて、より自然さを生かした事で、マッシブで重厚感のある外壁に引けを取らないように仕上がりました。
また、単一色にならないように、複数の樹種を取り入れた事で、季節折々の自然を肌で感じ、来訪者をお出迎え出来ます。

IMGP4615
施工前の状況


既存の樹木を除去後、大きめの樹木を配植していきます。
クレーン使用時、樹木の枝折れや傷かつかないように、細心の注意を払います。
IMGP4632
IMGP4636

大きめの樹木を植栽後、低木等の植栽を行います。
植木の根鉢の大きさと、植栽スペースの大きさが懸念されていた場所ですが、丁度良くおさまり、職人もニコニコです。


作業の終了時には、汚してしまった箇所等を水洗い清掃を行います。
IMGP4639

P4270150
P4270148
エントランスの入り口は2ヶ所あり、双方からご利用頂いても、見栄えのある形を心かけました。
P4270128
建物コナー部、展示場の垂れ幕のインパクトがある為、少し大きめの樹木を取り入れ調和を図りました。樹種はアオダモのスリムな株立ちで、葉が生い茂らず、そよそよとした感じが味わえます。


植栽スペースは狭いですが、スリムの樹木を配列する事で、木々に囲まれたような空間が出来ました。
P4270114
P4270109

樹木が成長し、歩道に影響が出ないように、小さめの樹木と複数の低木を織り交ぜて仕上げました。
P4270123
P4270110
立水栓まわりは、日々ご使用になる為、泥はね等を考慮し、デザインを取り入れての砂利を敷き込みました。
P4270145
要所に大谷石を取り入れる事で、石の持つ独特の風合がより一層に味わえます。
P4270134


グランドカバーに、下草と砂利・石材を取り入れ、形あるデザインに仕上がりました。


展示場の看板下は基礎がある為、植栽が困難で、石材を積み上げて、立体的になるよう工夫しました。
P4270139

[04/21] 流山市 御影石平板を使用した駐車場。建物外観との組み合わせで、エレガントに仕上がりました。

投稿者:yamada



重厚感のあるピンク色の御影石、シックなタイルの玄関ポーチ、そして、玄関ドアと照明など、優雅なヨーロピアンスタイルが印象的なこちらのお家。
その雰囲気をさらに惹きたてるために、ロートアイアンのアプローチフェンスを設置しました。門柱と合わせて、門廻りをエレガントに仕上げました。




Before|After


IMGP4042
PB210050
施工前の状況 高貴な見栄えに仕上がりました。

IMGP4086

駐車場予定地の土のすき取りを行います。
通常すき取りは、コンクリートの厚み+下地の砕石分をすき取ります。
今回は、石材仕上げの為、その分も除去します。

土のすき取りの完了です。
仕上がりの高さを基に、土の除去を行います。
IMGP4088
IMGP4090
下地砕石
コンクリートの下地部分の砕石を敷き均します。
IMGP4091
下地砕石の敷き均し後、振動ローラーを用いて、下地を締め固めます。
IMGP4094
下地の砕石を締め固め後、U字溝の蓋を設置します。
通常、道路よりフラットに乗り入れ出来るように、グレーチングを採用するのですが、駐車場の勾配等を配慮し、今回はコンクリート渡り石を採用しました。
IMGP4097
コンクリートの伸縮目地及びワイヤーメッシュを配筋します。
今回は、コンクリートの上に石材を貼り付ける仕上げですが、下地となるコンクリートの品質を保つ為、メッシュ配筋並びに、伸縮目地を設けました。


下地コンクリートの打設
仕上がり高さに合わせて、コンクリートを打設します。
ある程度、次の作業工程を考え、正確な高さに合わせて均します。

IMGP4100
IMGP4118
下地のコンクリートの養生期間を経た後、石材を貼り付けて行きます。
目地幅と石材のピッチが狂わないように、予め、丁張と墨付けを行いました。
IMGP4119
石材一枚一枚、仕上がり高さ及び目地幅を合わせながら、据え付けます。
この作業を慎重に行わないと、仕上がった時に、目地幅の違いで見栄えが悪くなってしまうからです。
また、道路側で役物(加工をしないように)が出来ないように、予め、墨付けを行いました。
少しでもずれてしまうと道路側で加工物ばかりになってしまい、見栄えに影響するからです。

IMGP4121
石材を貼り付け後、最後に目地詰めを行い完成です。
また、道路側で、加工物が無いため、見栄えがとても良く仕上がりました。
IMGP4119

最終仕上げで、砂利を敷き込み完成です。
もちろん、防草シートは必要不可欠です。

玄関まわりと階段



      

階段と アプローチフェンス
YKK トラディショナル アプローチフェンス。ロートアイアンの重厚感が、玄関廻りの印象を引き締めます。サイズは玄関ポーチに合わせた特注品です。

こちらのフェンスはデザインのカスタマイズが可能になっています。
今回はアクセントにねじり加工と、ロートアイアンの伝統的なデザインであるバスケットツイストを取り入れました。端部は丸みを帯びたカールの加工がされており、優雅な印象です。


御影石のカースぺ―ス
駐車場となる広々としたスペースには、ビシャン仕上げの御影石 300×600サイズの平板を敷き詰めました。配管等には細心の注意を払い、石材の加工を行っています。

御影石 ビシャン仕上
御影石
ビシャン仕上げのディティールです。ハンマーで平らに叩いていくことで作り出される、緻密な凹凸の作り出す表情が魅力です。 平板は計250枚使用いたしました。目地は全て1センチに揃えています。目地のズレで美観を損なってしまわないように、慎重に作業しました。
 
アプローチ全景
建物の持つ雰囲気を尊重することで、重厚感のあるファサードが仕上がりました。

» 続きを読む

[04/15] タカショー みす垣根 シンプルモダンに仕上がりました。

投稿者:yamada



この度、オープン外構で道路に面している為、何か、アクセントや間仕切りとなるフェンスを設けたいとご相談をうけ施工させ頂きました。
完全な目隠しではありませんが、部分的にフェンスを設ける事で、間仕切り効果を齎せます。
また、採用させて頂いた商品は、モダンな色合いの竹垣ですが、その他、人工木の板張りフェンス等も御座います。


Before|After


IMGP4412
IMGP4420
施工前の状況
道路より、オープンでした。
施工後の状況
間仕切り効果を齎すフェンスに仕上がりました。
IMGP4413
既存の芝生等を傷めないように養生を行い、柱の基礎を立て込む為、土の掘削を行います。
IMGP4415
土の掘削後、基礎ブロックを設置し、柱を立て込みます。
今回は、強度を保つ為、基礎ブロックまわりにモルタル押さえを施しました。
IMGP4416
柱の立て込み後、モルタルが硬化するまで養生を行います。
IMGP4418
養生期間を経た後、部材を取り付けて完成です。

作業中

完全な目隠しではありませんが、部分的にフェンスを設ける事で、ウッドデッキに出た際や、リビングの掃き出し窓からの視線を遮り、間仕切り効果を齎せます。



IMGP4422

[04/14] 市川市 藤棚のつくり替え パーゴラ

投稿者:yamada



この度、藤棚でご使用されていた丸太が経年劣化で腐食してしまった為、つくり替えて欲しいとご要望をうけ施工させて頂きました。
既存の丸太は、太さ8冂度の防腐処理を行っていない丸太であった為、5年程度で腐食してしまった様です。弊社のご提案としては、柱と桁に10僂遼鰭綵萢を施した丸太を採用すると共に、メンテナンスする事で、長期的に10年程度を耐久するご提案を致しました。
また、藤棚には竹でつくる場合と丸太でパーゴラ風につくる場合があります。今回は、耐久性を加味してパーゴラ風に仕上げました。


Before|After


IMGP4324
IMGP4328
施工前の状況
丸太が痩せて細くなっていました。
施工後の状況
柱を太くした事で、安定度・耐久性が増しました。
IMGP4325
既存の丸太を解体しながら、新しくつくる柱などを組み付けていきます。
施工ポイントは、初めから古い丸太を取り除いてしまうと、藤の木が折れてしまったり、傷ついてしまうからです。
支えの控えを入れながら、慎重に作業を行います。
IMGP4327
枠組みが出来上がったところで、上部に桟を取り付けて完成です。

IMGP4330
IMGP4332
10僂隆歛世鮖藩僂靴董柱と桁で枠組みをつくり、その上部に丸太を乗せて、パーゴラ風に仕上げました。
IMGP4329
安定度があり、耐久性のある藤棚ができました。
IMGP4326


丸太の接合部は、見栄えを考慮しシンプルにボルト締めに。
また、接合部の耐久性も保持されます。

[04/14] 松戸市 黒穂使用した、半蓑垣

投稿者:yamada



この度、経年劣化で腐食した竹垣を新しく作り変えたいとご要望をうけ施工させて頂きました。
既存の竹垣は、既製品の竹垣で黒穂を使用しており、新しく作り変えるのも黒穂を使った竹垣(半蓑垣根)を現地にて、手作り致しました。
垣根の特徴として、表面は上部に黒穂を使用し、下部は割竹を使用しました。施工環境から見て、全面黒穂を使用する蓑垣より、少しすっきりとして見えます。
裏面は、割竹で建仁寺垣になっています。
黒穂を使用した垣根は、他の垣根の種類より長持ちする傾向があります。


IMGP3571
既存の垣根を撤去後、柱を立て込み竹などをかきつける為、胴縁を取り付けます。
柱の丸太に竹を釘留めします。
IMGP3572
胴縁を取り付けた後、裏面側の立子(割竹)をかきつけます。

竹の太さが微妙に異なるので、向きを変えながら隙間が出来ないように調整します。
最後の柱の部分は、隙間に合わせて加工します。
IMGP3573
IMGP3575
裏面のかきつけ後、表面の下部の割竹を取り付けて、黒穂を束にまとめてかきつけます。
IMGP3576
かきつけ後に、化粧縛りと銅線を用いて結束して完成です。

IMGP3585
IMGP3578
黒穂と割竹のバランスが丁度良く、見栄えが良くなりました。
一つ一つ黒穂を束ねて、幾重にも重ねてかきつけます。
IMGP3580
劣化と共に、竹の独特の味わいが雰囲気を作り出します。




裏面は、建仁寺垣となっています。
IMGP3581

昇順表示 | 降順表示

« トップページに戻る
ブログカレンダー
<   2019-07   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
有限会社 山田造園
〒270-0021
千葉県松戸市小金原2-16-1
TEL 047-341-3258 
FAX 047-342-8940