野趣溢れる 石組みによる緩やかな階段

施工後


           設計コンセプト
既存の階段は崩れかかって、とても危険な状態でした。そこで、自然と調和するように同じく自然石(木曽石)を用いて石組み階段を作りました。
また、以前の階段は急勾配だった為、階段の長さを伸ばし緩やかな階段を実現しました。
完成後、天皇陛下様も大学へ散策にお見えになられ発注者側からも喜びの声を頂きました。
施工前
長年の風雨にさらされ、自然に溶け込んでいる階段。作り変えるのは、もったいないようでしたが崩れかかって危険と判断された為、新たに自然と調和するように作り変えました。
施工後
木曽石を使用して作りました。
利便性を考慮して、緩やかな階段で中腹には、休める踊り場を新たに2箇所設けました。
既存の樹木との調和がすばらしい!!!
RIMG0014
階段ステップ数と高さの確認。
まず初めに、土留めとなる役石を配石し踏み面には同一の石で延段使用としました。
RIMG0015
RIMG0029
RIMG0017
RIMG0019
RIMG0027