松戸市 玄関前のアプローチのリフォームと物置の設置

P4220143




設計コンセプト
現地調査時、施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、コンクリート面の劣化及びクラックが無数に入り見栄えが良くありませんでした。
今後、コンクリートにクラックが入りずらくなるように、伸縮目地を設けました。
対策は、スリット目地とデザイン性を考慮し平板とインタロッキング目地でアクセントをつけました。
また、物置もブラックをお選びになったので、シックなモダン色に統一感を出しだデザインに仕上げました。
ご要望
(置を設置したい。
∧置設置下は、植栽地でしたが、コンクリートにしたい。
お打ち合わせする中で、物置下をコンクリートにするなら、玄関アプローチも一緒に、リフォームしよう!となりました。


建材
東洋工業:スーパーテラ MD-1 ブラック
インターロッキング 白夜
ガーデン砂利(グレー系) 土間目地スリット
防草シート
イナバ物置:スタンダート ネクスタ NXN-45S


P4260090
P4260091
施工前は劣化してクラックが入ったコンクリートでした。 床面だけをリフォームするだけで印象が変わります。
既存のブロック・階段タイル等を傷つけないように慎重に解体を行った。
コンクリート工事においては、下地の砕石転圧を十分に行い、沈下等によるクラック防止を図った。


P4260087
P4260088
黒色のタイルとインターロッキングがアクセントになっています。伸縮目地をれたのでコンクリートのクラック防止になります。 大きな物置は趣味の道具やアウトドア用品を収納できますので、とても便利です。床はアプローチと一緒にコンクリートで仕上げました。
P4220163
物置の設置と一緒にアプローチのリフォームをして大正解でした。見た目もきれいになってとてもすっきりした印象になりました。


IMGP4534



  施工中の内容はこちらです。