松戸市 建物周りの雑草対策 施工方法




松戸市でお庭の防草対策工事を承りました。

敷地面積は広く、お庭の草取りをどうにかならないかと悩まれていたお施主様。
防草対策を施し、砂利を敷き込むご提案させていただきました。
IMGP5722
施工前の状況です。

雑草が腰高まで伸びていました。
建物周りの延長も長いですが、幅も広めで、草取りするのも大変です。



IMGP5724
IMGP5726
既存地盤の草取り・不陸調整・整地
草の除去後、高い地盤については表層をすき取り、低いところには補充し、全体が平らになるように不陸調整・整地を行います。


IMGP5729
KC4D0236
防草シート工事
土工事が終了した後、下地の防草シートを敷設します。
防草シートは、極力、切り継ぎが出来ないようにロールのまま広げます。そこで、敷地の形状や配管に合わせて隙間が出来ないように丁寧にカットします。



KC4D0240
ご要望 ・草が大変。
・どうしたら良いかわからない。
・面積が広いので、建物周りだけでも何とかしたい。
・建物給排水の配管が露出しているけど大丈夫?
ご要望に対して
行ったこと
防草対策をメインとしたローメンテナンスな対策をご提案しました。
砂利下には防草シートを敷設し、長期的に綺麗に保てます。
砂利の種類はリーズナブルな商品を採用することで、ローコストになりました。
工夫した点 通常、砂利を敷き込む場合、既存の地盤を砂利厚み分すき取りますが、今回は、周りの環境(配管等が露出)を考慮し、草の除去後、整地を行い土のすき取り作業は行いませんでした。
結果、露出配管は埋設されコストも削減し、雨水桝等はレンガで縁取りし砂利で埋まらないように工夫しました。
Before|After


IMGP5717
KC4D0247
お庭より、勝手口や物置に向かう動線
地盤も平らになった事で、歩きやすく、雑草が生えません。
Before|After


IMGP5719
KC4D0237
Before|After


IMGP5720
KC4D0239
露出していた配管は、無事に埋設され、雨水桝等は、砂利で埋まらないようにレンガで縁取りしました。

工事終了後、色々作業方法はあると思いますが、建物新築以外のリフォームも現地に合わせたプラン対応も素晴らしいと、嬉しいお言葉をいただきました。
使用建材 防草シート
6号砕石