松戸市 傾きかけた塀を安全にリフォーム

P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / / / / /
建物築年数が40年程たち、傾きかけた塀のリフォームのご依頼を頂きました。

既存の塀は、昔ながらの大谷石で積まれており、歩道の方へ傾きかけていました。
傾きかけてしまった要因としては、第一に石積みで土留めを行い鉄筋が無かった為。
第二に竹の根が繁茂しており、その影響で押されてしまっていた事が要因と思われます。
ご要望 ・年々、塀が歩道の方へ傾きはじめてきたので、安全に直したい。

・お庭の地盤が著しく斜めなので、整地をして平らにしたい。また、それと同時に、竹の根も除去したい。
ご要望に対して
行ったこと
・同じ大谷石で積み替えると危険ですので、重量ブロックの15僂鮑陵僂靴涜从を行った。また、根入れの1段目は、より強度を求める為、CP型枠ブロックを取り入れました。

・重機を使用して、お庭を天地返しし、竹の根を除去しました。
工夫した点 ・土留めのブロックは、高さを低めに設定し、上部は重量の軽いアルミのフェンスを設けました。

・お庭整地において、大谷石が無造作に積まれていたので、据え直しを行いました。
注意した点 リフォーム工事全般に言えますが、地中埋設管などが破損しないように慎重に作業を進めました。
P6100093
 
P6100098

塀が歩道沿いとの事もあり、直そう・直そうとは、思っていたけど、なかなか作業には至らなかった。今回、安全な土留めになったので、安心されていました。


お庭の整地と共に大谷石の土留めを据え直した事で、見栄えも綺麗になりました。
IMGP4923
使用建材 フェンス : リクシル ハイサモア
ブロック : CB150C
IMGP5747



施工中の内容はこちらです。