松戸市 鬱蒼とした庭を化粧砂利の明るい庭へリ・ガーデン。有効面積を広げてメンテナンスも楽に。

既存の庭のリフォーム工事のご相談でお問合せを頂きました。
    
家を新築時にお庭も作られたT様。日々お忙しいまま数年が経ち、その間お庭の管理にかける時間はほとんど取れなかったそうです。
そして大きく育った樹は自分で手入れすることも難しく、伸びた芝生は猫のトイレスポットに。
また駐輪場が無く、とりあえずと自転車を置いている場所まではカーポート脇を車に傷を付けないようにと注意を払って通らねばならず、それにもストレスを感じていらっしゃいました。


施工前の様子です。樹々は鬱蒼と茂り、風通しと日当たりも悪く芝は徒長。庭も暗くなっていました。


ご要望 …蹐亮木を間引いて整理し、芝も撤去したい
庭にも自転車を置けるスペースを設けたい
すっきりとした管理のしやすい庭にしたい
ご要望に対して
行ったこと
ー木はメインツリーのシマトネリコを残し中木・低木を中心に除去し、風通し良くしました。
▲灰鵐リート舗装の自転車置き場を物置前に作りました。
自転車置き場の周囲は防草シートを入れた白系の砂利仕上げとし、明るく、全体をメンテナンスフリーにしました。
工夫した点
ヽ放的になり過ぎないよう、庭の入り口部分のトキワマンサクの生垣は残すご提案をし、支柱を新しく建て直し、堆肥を混入して元気よく成長できるように対策しました。
庭への出入口の段差解消にカーステップを採用しました。
G魴呂離ーデン砂利は、猫対策として通常より少し大きめの砂利を取り入れました。
施工後。通路を確保して、庭も玄関周辺も明るく、風通しが良くなりました。


Before|After


藪のようになって暗かった庭が明るく、風も通るようになりました。
シマトネリコは下枝を落としてのびやかな幹を見せ、株立ちの姿を損なわない程度に枝葉も整理しています。成長が早く多くの葉を茂らせるシマトネリコは定期的な剪定が必要なため、高さも抑えました。


Before|After


すべての樹々を撤去してしまわずに、フェンスの無い入り口部分のトキワマンサクは残しています。


枝が延び暴れてしまったトキワマンサクの生垣
剪定し、新しく四ツ目垣を作って枝を誘引します
この後、剪定を繰り返すことで密な生垣が完成します
トキワマンサクは支柱を建て直すとともに、生垣としてきれいに仕立て直しました。
健全に育つよう堆肥を施し、土の面が見えないようにバークでマルチングしています。


Before|After


施工前の庭は土留め縁石からレベルが下がった窪地状になっており、段差がありました。
庭のレベルを縁石に合わせて上げフラットにし、通路から庭への出入りがスムーズになるようにステップを設置して段差を解消しました。


駐車場から庭へ向かう通路もメンテナンスフリーに。
大きくなったハナミズキを除去し、土間コンクリート舗装を既存のものに新しく打ち足して人や自転車の導線を作りました。


ステップを設置したことで、自転車もスムーズに庭へ上がることができます。

庭のレベルを縁石の頭と高さを合わせてフラットにし、庭の奥の自転車置き場まで人も自転車もスムーズに通行できるようになりました。

Before|After


庭に作った自転車置き場は、同様の土間コンクリート舗装のアプローチをカーブさせて繋いでいます。
ガーデン砂利は、猫が掻きにくい大粒タイプを選びました。白い砂利を敷き詰めたことで光を反射し、周囲も明るくしてくれます。


自転車置き場は、メンテナンスフリーの土間コンクリート舗装。
雨水や下水などの点検升も入れ込み、コテで押え刷毛引きで仕上げました。
自転車置き場へのアプローチはカーブを描いて奥へと回り込み、周囲の白い砂利と相まって目立たなかったレンガの水場を引き立てます。
日々通る場所が使いやすくなり、ご自身の暮らしのスタイルに見合った庭にすることで管理のストレスも軽減できますね。
リ・ガーデンで、コンパクトながらもシンプルでモダンな明るい庭になりました。



↓庭造りの様子を撮影した動画をアップしました!↓


主な使用建材 コンクリート材
白系のガーデン砂利