松戸市 白い砂利でカバーして、明るく・広く・管理も楽な家周りに。

松戸市で、新築後の建物周りの砂利敷きについてお問合せ頂きました。


ご要望 ・建物周りの通路や玄関横の花壇が雨の時ぬかるみ、基礎に泥ハネがついてしまうので対策をしたい。
・日常のメンテナンスを楽にしたい。
ご要望に対して
行ったこと
・耐久性のある防草シートをご提案しました。
・砂利は多くの種類の中からお選びいただき、白系のガーデン砂利にしました。
工夫した点 施工に際し、砂利下の防草シートに隙間が出来ないように丁寧に施工しました。
施工前の玄関横の花壇です。
雨で土が跳ね、基礎に土汚れが出ていました。玄関横なので、乾燥時の土埃も気になります。


Before|After


通路への通り道でもある玄関右手の花壇も砂利敷きに。雨が降ってもぬかるまず、歩きやすくなりました。

施工前の状況です。広い通路は資材などの管理スペースになっています。
施工前の状況です。広い通路は資材などの管理スペースになっています。
物を移動後、除草し、土のすき取り・整地をします。
防草シートを敷設、砂利を入れています。通路が広く、二人で作業できました。
きれいに均して完成です。
角のある白い砂利は洋風の家にマッチします。
広い面積を白い砂利で覆うことで、反射光により周囲も明るくなり、また広く見えます。


作業前の状況。通路には下水や雨水などの升が並びます。 除草し、表土を鋤き取ります。 防草シートの升の部分は、周囲に隙間ができないようシートをくり抜くようにカット。 丸い型を使い、シートをきれいに切り抜きます。 シートは切り過ぎても切り足りなくても升の周囲に隙間ができるため、神経を使う作業です。
隙間なくぴったりとシートが敷かれました。 砂利を敷いて完了です。 白い砂利で通路周りも明るくなりました。
作業前の状況。通路には下水や雨水などの升が並びます。
雨水ます・汚水マスの配管等がある通路の施工状況です。
升の周囲のシートは特に丁寧にカットします。雑草はほんの少しの隙間からでも生えて来てしまうため、要となる大事な作業です。


主な使用建材 防草シート+ガーデン砂利(白系)