柏市 防草シートを敷いて草刈りを不用に〜広い空地の雑草対策

柏市で、ご自宅脇の空地の雑草対策でお問合せ頂きました。
施工場所には基本的に人は立ち入らず車も侵入しないため、耐久性のある防草シートだけで仕上げています。


ご要望 ・雑草の伸びがすごく、管理が大変。防草シートを敷いて、メンテナンスを楽にしたい。
ご要望に対して
行ったこと
・耐久性のある防草シートをご提案。
工夫した点 施工に際し、防草シートは雑草が生える隙間が出来ないように丁寧に作業をし、敷設しました。
特にシートの繋ぎ部分は充分な重ね代を設け、接続テープでしっかりと固定しました。
施工前の状況です。
畑として使われていた場所でしたが、管理もままならぬまま雑草が伸び、生い茂ってしまいました。


〜防草シートの敷設工事〜
Before|After


雑草の抜去・搬出の様子と、シートの敷設が完了したビフォーアフターです。
空き地前の道路は道幅が狭く、車のすれ違い時に敷地内のシートの上にタイヤを乗り上げる可能性があったため、全面にシートを敷設した後、1メートルほどセットバックさせた部分に砂利を敷きました。


雑草の抜去・搬出後、重機で不陸を均して整地します。 ローラーで転圧をかけ、シートが浮き上がらないよう地盤を締め固めます。 整地・締固めが完了しました。 シートを敷設していきます シートはピンでしっかりと地面に固定し、継ぎ目は専用テープで留めます。
残す杭や柿の木の周囲にも隙間を作らないようシートをカットします。 敷設後は、安易に立ち入れないようネットフェンスで遮蔽しました。 セットバックさせた部分に砂利を敷いています。 防草シートが仕上がり面になるため、シートの継ぎ目やピンの位置は美観を意識して敷設しました。
雑草の抜去・搬出後、重機で不陸を均して整地します。
畑として利用されていた場所で敷地地盤が柔らいため、雑草を除去したのち、シートの下地作りを行います。
まず重機で整地し、次にローラーをかけて転圧・締固めて固く平らな地盤を作ってからシートを敷設します。
シートの固定に使うピンは通常より長いものを採用し、シートが風雨で動かないように地盤にしっかりと固定しました。


Before|After


雑草が生い茂っていた敷地全面に防草シートが敷かれ、除草のメンテナンスが大幅に軽減されました。
後の管理としては落ち葉などの集塵・搬出が必要ですが、定期的な草刈りの必要がなくなり、非管理地で見られるゴミの投棄なども起きにくくなります。
広い面積の除草が大変、またどんな防草対策があるかなど、雑草に関してのお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。





↓防草シートの敷設工事の様子を撮影した動画をアップしました!↓



主な使用建材 防草シート+砂利(6号砕石)