このページのトップへ
6月 2015年 の記事

[06/07] 建物まわりの砂利敷き・雑草対策・防草シート

投稿者:yamada



この度、建物周りの通路をきれいにしたいとご要望をうけ施工させて頂きました。
お庭は、本格派の和風庭園である為、建物まわりの通路には、落ち着きのある川砂利を採用致しました。
お庭側は、伊勢砂利の5分を採用し、既存のお庭とのバランスが崩れないように防草対策を施しました。


IMGP3358
施工前の状況

縁台下は土の状態でした。
IMGP3357
施工前の状況

建物脇通路は、ぬかるみ防止でコンクリート板が置いてありました。
IMGP3359

既存地盤の掘削
砂利を敷き込む為、厚み分を除去します。


建物脇
コンクリート板等を除去し、土の除去を行いました。
IMGP3360
IMGP3361
土の掘削後、防草シートを敷設します。
耐用年数のある防草シートを採用しているため、雑草によるシートの貫通などはありません。
IMGP3363
砂利敷き込み
仕上がりの高さに合わせて敷き均します。

お庭側
防草シートを靴脱ぎ石や飛石の形に合わせてカットします。
IMGP3364
IMGP3374

砂利敷き込み

IMGP3372
IMGP3365

建物脇通路

落ち着きのある風合いになりました。
川砂利を使用する事で、コスト低下にも繋がります。


お庭側

伊勢砂利を敷き込む事で、明るさを取り込むのと、石本来が持つあじがでます。
IMGP3377
IMGP3378
伊勢砂利(5分)
IMGP3368
川砂利

[06/07] 松戸市 建物まわりの砂利敷き〜雑草防除〜

投稿者:yamada
建物周りの雑草対策をしたいとご要望をうけ、施工させて頂きました。
砂利を敷き込む前に、既存の地盤を掘削し、下地に防草シートを敷設します。
防草シートは、耐用年数があるものを使用する事で、長期的に建物周りをきれいに保てます。





IMGP3224
施工前の状況

雑草が繁茂していました。
また、雨が降ると、ぬかるんでいました。
IMGP3227
雑草の除去及び既存地盤の掘削です。
こちらは、砂利を敷き込む為、砂利の厚み分を掘削します。
IMGP3228
土の撤去が完成し、地盤を平らに均します。
ある程度、地盤を平らに行わないと、下地の防草シートがよれてしまうからです。
IMGP3231

砂利下専用の防草シートの敷設。
下地の工事で大事な作業です。雨水マス・汚水マス等のマス周りは丁寧にカットします。
シートの繋ぎ部は、接続テープを用いてしっかりと固定します。

仕上がりの高さに合わせて、砂利を敷き均します。
IMGP3233

IMGP3238
IMGP3235


砂利の種類は、沢山ある為、サンプルを見て頂いて、施工する商品を決めます。
今回は、最も人気の高い、ガーデン砂利のイエローを採用いたしました。


建物の北側は、日照があまり無いため、明るい砂利を敷き込む事で、雰囲気が変わります。
IMGP3242
ブログカレンダー
<   2015-06   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
有限会社 山田造園
〒270-0021
千葉県松戸市小金原2-16-1
TEL 047-341-3258 
FAX 047-342-8940