[05/30] 松戸市 自然に調和する人工芝でメンテナンスフリーのお庭 雑草防除

投稿者:yamada
既存のお庭の芝の状態が、部分的に枯れてしまっており、見栄えが良くありませんでした。
エントランス通路の脇にある為、当初は、芝を張り替える事で、お打合せをしていましたが、お話して行く中で、メンテナンス等の事を踏まえ人工芝にしたいとご要望を請け、施工させて頂きました。
下地に防草シートを敷設する事で、雑草体策にもなります。





IMGP3415

施工前の状況

部分的に芝が枯れてしまっていました。
IMGP3417
既存の芝生を撤去します。
重機の搬入が出来ないため、人力作業で、掘削します。
IMGP3417
撤去した芝と土を袋に詰めて搬出の準備をします。
通常でしたら、トラックに直接積み込みますが、リフォームの場合は、極力まわりを壊さないのが鉄則です。
知恵を絞り、作業の工夫を重ね、施工します。
IMGP3418
袋詰めした芝をクレーンで搬出します。
重さがあるので、慎重に作業を行います。
IMGP3420
土の地盤を掘削したので、小型のローラーを用いて、地盤の締め固めを行います。
地盤が軟弱ですと、後の仕上がりに大きな影響を及ぼしてしまう為です。

地盤の締め固めが完了した後、不陸(凹凸)調整を行う為、山砂を使用します。
ここでも、クレーンが大活躍します。
IMGP3420
IMGP3422
整地作業
ある程度、平らな地盤を、つくります。
IMGP3423
整地作業が完成した後、防草シートを敷設します。
こちらは、下地工事で、最も重要な作業です。雑草の生命力はとても強く、手を抜いた箇所は、必ず生えてきてしまうからです。
ですので、シートの切繋ぎ部は、重代を設け、接続テープで固定します。
IMGP3424
雨水マスやシートの端部処理は、入念に行います。
つまり、隙間を空けては、雑草が生えてしまうからです。
IMGP3426
人工芝を広げ、専用ボンドと固定ピンを使用し、固定していきます。
IMGP3468

密度があり、高級感があります。

IMGP3472
IMGP3466


まわりと自然に調和するリアルな人工芝です。
意匠性が高く、和でも洋でも相性が良いです。
IMGP3476

休日には、ゴルフの練習もできます。
IMGP3469

リアリティを追求している人工芝ですので、高級感があり、下地に防草シートを敷設する事で、メンテナンスがフリーになります。

エントランスとお庭を仕切るため、間仕切りフェンスと門扉を取り付け、出入りする事が出来るようにしました。
IMGP3465