流山市 レンガをふんだんに使用したアプローチと芝生のお庭




最低必要限の外構はお家の建て替え時に完成済で、お庭のリフォームは専門にお願いをしたかったそうです。
ご要望はレンガを使ってアクセントをつけたり、ガーデンテーブル下をレンガ調のテラス風したい。
レンガがお好きということでレンガと芝でプランを考えました。



Before|After


作業前
P4220085
全面土でレンガは無造作に積まれた状態でした。 芝貼りのお庭に植栽をレイアウトしてすっきりしたお庭になりました。この奥にはレンガサークルにステージにガーデンファニチャがあるプライベートガーデンがあります。

IMGP4502
お庭の中央に設置予定の花壇。
建物より眺め、花壇の微妙な向き、延長を確認し、周りの仕上がりをイメージしながら、工事の一番初めに、形をつくりました。
・床掘り
レンガを敷き詰める為、仕上がり高さを確認しながら、土の除去を行います。
IMGP4504
IMGP4503
・砕石転圧
土の除去後、下地の砕石を敷き均し、地盤を締め固めます。
IMGP4506
・レンガ据付
下地モルタルで、高さを調整しながら、レンガを据え付けます。
IMGP4505
少し、曲線を描きながら、形をつくり上げます。
IMGP4510
・レンガサークル
ピンコロレンガを使用し、手づくりレンガサークル。
楕円形にならないように、何回も寸法確認し、離れての見た目も重要ですので、苦労しました。
IMGP4512


作業が、ここまで進むと、あと少しですが、外周になるに連れて、据付する数も増えてくるので、なかなか進みません。
集中力を切らさない為、小休憩を挟みながら、作業しました。
仕上がった時の達成感は、図りしれませんでした。
IMGP4523
レンガ等の工事完成です。
残りは、芝張です。
IMGP4523
IMGP4600
・芝張(_蔀蝋事)
固くなった地盤をほぐす為、天地返しを行い、土壌改良剤を混入しました。
IMGP4601
・芝張(下地工事)
耕運機を用いて、撹拌します。
撹拌することで、土壌に空気が含まれるのと、改良材を用いた事で、土壌の固結を防ぎます。
IMGP4602
・芝張(2蔀蝋事)
撹拌後、地盤を湿らせてから、整地を行います。
均一に地盤を平らにする事で、仕上がりが異なります。
IMGP4628
下地工事が完成した後、芝を張り付けていきます。
IMGP4629
石のまわりや植木まわりは、芝を形に合わせてカットします。
IMGP4631
全体を張り終えた後、目土をかけて、平らになるように転圧をかけます。



最後にたっぷりと散水を行い完成です。
P4220084

P4220085
P4220096
レンガサークルは直径1800mmあります。
P4220102
ここで家族や友人とお茶を楽しめます。
P4220106
既存のガーデンアーチを再利用しました。
P4220113
木陰が気持ちいです。奥のテーブルセットは植栽が目隠しになって見えません。
P4220090
テラスから庭を見た様子。花壇の植栽で建物側からの目隠しになっています。
芝生には天然石の飛び石を敷きました。雨上がりでも安心してプライベートガーデン空間へアクスセスできます。
P4220093
お庭が真ん中の花壇を境に分かれていた為、通路の形状等のとり合いをどうするか悩みました。結果、芝生のお庭ともう一つのサークルテラスをうまく繋げました。花壇のレンガ積みも綺麗になりました。
P4220095
芝のお庭を抜けてレンガアプローチへ、アーチをくぐるとレンガサークルのステージです。