松戸市 お庭のリ・ガーデン(お庭のリフォーム)




IMGP5454




施工前の状況です


植木が繁茂している状態で、家庭菜園・植木鉢等が混在してしまっている状況でした。
ご提案のポイントは、植木のスペース・植木鉢で育てるスペースとを分けて整理しやすく、まとまるようにご提案いたしました。







IMGP5466
IMGP5471
既存のお庭の整理
枯れてしまっている樹木を除去し、植木鉢の数を減らし、再利用できる下草などは利用するようにしました。
また、バラのアーチも木製で崩れてしまっている為、アイアンのアーチに交換いたしました。
IMGP5472
IMGP5474
植木鉢スペース
植木鉢を置くスペースはレンガを敷き、明確にしました。
通路は砂利敷き予定ですので、ガーデニング等は敷レンガの上で作業する事で、掃除も楽です。また、砂利と土が混ざる事もありません。
IMGP5484
防草シート
通路部分には、砂利を敷き込む予定ですので、下地に防草シートを敷設しました。

1 (1) /
玄関脇の通路
施工前の状況です。
1 (2) /
施工後
イエロー系のガーデン砂利で仕上げました。
明るくなりました。
2 (1) /
建物脇通路
施工前の状況です。
2 (2) /
施工後
こちらは、建物脇で目立たない為、リーズナブルの砂利を採用しました。

P4040093
Before|After


3 (1) / / / / /
3 (2) / / / / /
ご要望 ,庭側
施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、忙しい日々の中、
お時間がある時は、植木等を少しお手入れなどしてはいたのですが、
植木鉢が多くなってしまったり、花壇として使用してた場所が下草等で繁茂してしまい、
綺麗にしたくても手が付けられないのが悩みでした。

これからは、お庭でお茶などを楽しみ、安らぎの場にしたいとの強いご要望でした。

玄関前及び建物脇
気がつくと雑草が繁茂してしまう。
玄関前が見苦しい感じになってしまうので、解消したい。
ご要望に対して
行ったこと
.譽鵐花壇を設け、植栽地と砂利との境界を設けた。

また、お庭側の樹種は、あまり背の大きくならない樹木をチョイスし、季節感の感じられるよう、お花が咲く低木を植え込みました。

お庭の一部に植木鉢を置くためにレンガを敷き、すっきりとまとめました。

既存の木製アーチも崩れてしまっている為、交換しました。
交換した事で、既存のバラも綺麗に育ちます。

◆文軸愾亜
樹形の見苦しくなった樹木を撤去し、印象をすっきりさせるために砂利を敷き込みました。
玄関脇ですので、見栄えの良いガーデン砂利を使用。

(建物脇)
防草シートを敷設後、砂利を敷き込みました。(6号砕石)
建物はあまり目に触れませんので、リーズナブルな砂利を使用しました。
工夫した点 植木鉢を整理し、将来を見据えて既存の樹木も生かせる樹木は残し、不要の樹木を撤去しました。
こちらは、現場で作業を進めながら、判断しました。
P4040095
アーチを新設。
これでバラも育ちやすくなります。お花が咲くのが楽しみですね!
P4040118
P4040117
お庭は雑草対策のために防草シート+砂利仕上げに。
歩く部分には自然石調の飛び石と、コンクリート製の枕木を敷きました。
機能は同じでも、見た目の違う建材を使うことで空間が華やかになります。
P4040123
P4040121
レンガで花壇を作りました。
植栽スペースと、そうでないエリアをはっきり分けることでメンテナンスがしやすくなります。
また、かわいい水栓は既存のものを活かしました。
使えるものはとことん活用するという工夫も私たちプロにお任せください。
使用建材 レンガ : ロセコブリック(東洋工業)
敷レンガ : ヴィクブリックペイブ(東洋工業)
枕木 : レイルスリーパー(東洋工業)
アーチ : プライムアーチ オベリスク(タカショー)
舗装(玄関前&お庭) : ガーデン砂利(ピンク系)+防草シート
舗装(建物脇通路) : 6号砕石+防草シート
植栽 マホニア、ブルーベリー、オタフクナンテン、アセビ、ミツバツツジ、アオキ、イワナンテン、カシアバアジサイ、サツキ、下草