松戸市 マンション中庭リフォーム 日陰でも生育できる樹木




松戸市でマンション中庭のリフォームを承りました。

既存の中庭は、施工前の写真を見て頂くとわかるのですが、雑草やコケで繁茂している状況でした。
もともと、竹が植えられており、植えた当初は成長が良かったのですが、段々と生育が悪くなり、見栄えも悪くなって来てしまい、お住いの方たちで撤去して綺麗にしようと奮闘されたようです。

それ以降、数年が経ち、やはりマンション中庭は綺麗にしたいと皆さんの強いご意向で、弊社にお問合せ頂きました。

現地調査の結果、日照条件が良くなく、また植栽基盤が湿地に近い状況であると判断いたしました。
施工前
施工前の状況です。
エントランスを入り中央の中庭
日照条件で日陰の時間帯があり、いつからか、苔で一面覆われてしまった状態です。



IMGP5139
IMGP5153
土のすき取り及び地盤整地
地盤の表層をすき取り、地型を整えます。
植栽計画で、地盤を少し高くして、排水の勾配を設けて、降雨時には自然と余剰分の水だけ排水できる対策を計画しました。


IMGP5156
IMGP5155
土壌改良材
今回は、植栽基盤が湿地に近い事もあり、排水性を向上させる対策を施しました。また有機質堆肥を混入する事で、土壌の団粒化を促進させます。


IMGP5158
IMGP5159
下地耕運及び整地
土壌改良材の混入後、天地返し、耕運を行います。耕運の目的は、土壌改良材と地盤の撹拌もありますが、空気も同時に地中に取り込まれます。そうした事で、樹木は根から酸素の供給を得られやすくなります。


IMGP5161
IMGP5164
植栽
大きい樹木から配置し植えつけます。バランスを見ながら、次いで低木の植栽となります。
日陰でも生育可能な樹木を取り入れました。
通常良くあるケースが、日陰対応の樹木で、緑、単一色に植えつけて重たい・暗い感じのパターンがありますが、一工夫のカラーリーフや四季により葉の変化を見られる樹木を取り入れた事で、季節を感じられ、明るさも取り入れられました。


IMGP5166
IMGP5168
防草シート
植栽の形が出来てきたところで、砂利下の防草シートを敷設します。
また、植栽地と砂利との境には見切り材を設けて自然と調和するように仕上げました。


IMGP5176
IMGP5173
砂利敷き
工事も終盤で、砂利を敷き込み完成となります。



IMGP5133


ベランダ下の泥はね対策
施工前の状況です。
草はもちろん、泥はねが目につきます。
IMGP5137
IMGP5135
地盤すき取り及び整地・清掃
砂利を敷き込む為、既存地盤をすき取ります。こちらも降雨時に水溜まりにならないように勾配を設けて自然と排水できる計画を立てました。
土のすき取り後、泥はねの清掃を行います。


IMGP5141
IMGP5143
防草シート
砂利下に防草シートを敷設します。敷地形状に合わせてシートをカットし、隙間が出来ないように仕上げます。


IMGP5146
IMGP5150
砂利敷き
工事も終盤、砂利を敷き込み完成です。




施工後
洋風のタイルにも合うようにイエロー系を取り入れました。また、砂利が明るさを取り込みました。
IMGP5188

P4040093
Before|After


3 (1) / / / / / / / / / / /
3 (2) / / / / / / / / / / /
ご要望 ・雑草

・コケだらけの状態を何とかしたい。

・中庭は、エントランスを入って近くの為、日々居住者が通る場所であり、特別なところである。
また、来訪者も通る為、何かきれいにしたい。
砂利のみなどの雑草対策はしたくない。

・植木を植えたいけど、日照条件でまた枯れてしまうのでは?と、心配されておりました。
ご要望に対して
行ったこと
まず日照条件から考察して、日陰でも生育できる樹木の中からご提案させて頂きました。

植栽基盤は、湿地に近い状況でしたので、土壌改良を施し、また現況地盤より排水性を良くするため少し高く致しました。
そうした事で、雨天時等は余分な雨水が集水桝へと自然と流れるようになりました。

また、植栽プランは単一植とならないように、複数の樹木を取り入れました。

植栽地全体のバランスを見た時に、全部が一年中同じ緑よりは、夏場緑色で秋頃に赤く紅葉するオタフクナンテンや緑の中にカラーリーフとしてアオキを取り入れました。

そして、植付場所により、日が当たる場所には、アジサイなどお花が咲く樹木も取り入れた事で、四季を感じられるようにいたしました。

全体のプランとしては、四方面から見た時に、植栽のみで混み過ぎないように、中心を化粧砂利とし、デザインアクセントとしました。

砂利の部分には、下部に防草シートを敷設しておりますので、雑草対策もばっちりです。
工夫した点 日陰でも生育できる植物からのご提案でしたので、同一植物のみの重たく暗い印象を避けるべく、できるだけ多くの樹種を使う工夫をしました。
P5060091
植栽で色とりどりを表現し、砂利で明るさを取り込み、ナチュラルな自然な雰囲気になりました。
P6100093

様々な葉の色、大きさ、質感、形が楽しめる空間となり、
樹高のバリエーションも豊富なので、自然な雰囲気を演出できました。
P6100098
P6100093
砂利と植栽スペースがはっきりと別れているのでメンテナンスもしやすく、見栄えもします。
 
P6100098
ボリュームを持たせているので高級感もあります。
使用建材 砂利 : 伊勢砂利5分+防草シート