松戸市 1年草で四季を楽しむ、管理しやすく華やかなコンテナガーデン〜根詰まりしたコンテナの植え替え〜

松戸市の医院エントランスのコンテナ花壇の植え替えです。
エントランスにはコンクリート花壇と鉢植えがあり、施主様ご自身での植え替えや管理が難しい現状とのことで、植栽の入れ替えをご依頼をいただきました。


ご要望 ・植木鉢で育てていた樹木が年数が経って根が張ってしまい、植木鉢にもひびが入ってきてしまった。自分たちではどうにもならず、なんとか植え替えて欲しい。
・コンクリート花壇のマホニアの周りにはタイムがあったが、見栄えが悪くなって除去したので1年草の草花で飾りたい。
ご要望に対して
行ったこと
・植木鉢は季節折々に植替えを楽しめるよう、1年草の季節の草花をメインに取り入れました。
・マホニアの花壇も草花用の用土に入れ替え、ご自分たちで定期的にメンテナンスが出来るようにしました。  
工夫した点 エントランスを飾るため、選ぶ植物は単調にならず華やかに見せられるように工夫しました。
Before|After


土がむき出しで寂しく見えるマホニアの花壇は、周囲の土をほぐして培養土と入れ替えます。
夏場ならではの見栄えを重視し、ニチニチソウやサンビタリアで明るく彩りました。    


古くからあるニチニチソウ。鮮やかではっきりとした彩りが夏らしい1年草です。夏の日差しに耐え、丈夫で次々に花を咲かせます。
同様に夏の暑さに強く小さな黄色の小花が可愛らしいサンビタリアを合わせ、明るさを加えました。


たくさんの花をつける1年草は、花がらを摘むことで長い間花を咲かせることができます。土も柔らかいので、植え替えもしやすくなりました。
この花壇には、暑さが収まったころに施主様ご自身で再びタイムを植えてみたいとのことです。


Before|After


鉢植えの木は根がいっぱいになると鉢と一体化して抜けにくく、素焼きの鉢ではなおのこと植え替えが難しくなってしまいます。
鉢を割らないように注意しながら道具を駆使して既存の植木を抜き取ります。
状態を見て、寄せ植えに利用できそうなものを植え戻しています。


主になる植物に葉形が面白いカラーリーフを使って立体的に見せ、季節の草花を合わせ華やかに寄せ植えをしました。

今後は施主様ご自身で、エントランスの鉢と花壇を四季折々の草花で飾っていただけます。
日々のお忙しい業務の間にも、花壇のお花の管理が楽しみになってくださったなら幸いです。


主な使用植物 カルーナ、ユーカリなど
宿根草…ツルニチニチソウ、斑入りヤブランなど
1年草…ブルーサルビア、ペンタス、サンビタリア、ニチニチソウなど